神戸まろうど通信

出版社・まろうど社主/詩と俳句を書く/FMわぃわぃのDJ/大阪編集教室講師など多様な顔を持つ大橋愛由等の覚え書き

第123回「Mélange」読書会・合評会は〈5月21日(日)〉に開催

2017年05月12日 09時13分14秒 | めらんじゅ
みなさん、5月が美しく、そして切なく、日々を重ねています。

いま神戸の六甲連山は「山笑ふ」=新緑の季節です。山々をみているだけで、その緑のグラデーションにうっとりしてしまいます。
今月末にはわたしの好きなガクアジサイが咲き始めます。
そして、今年もこの時期になると、井上陽水の「5月の別れ」を聴いています。何度聴いてもいい。
 
今月もいくつかの文学活動が行われています。紹介しましょう。
第123回「Mélange」読書会・合評会は、5月21日(日)に開催します。
今月も集い、詩を紡ぎ、詩を語りましょう。
 

----INDEX----------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆1.--第123回「Mélange」読書会・合評会〈5月21日(日)〉
◆2.--カフェ・エクリの活動〈5月29日(月)〉
◆3.―「北の句会」〈5月28日(日)〉のお知らせ
◆4.--文学短報=A/――今月のFMわぃわぃ「南の風」の収録は5月15日(月)の予定です
B/――第20回ロルカ詩祭は、8月19日(土)に開催 C/――兵庫県現代詩協会の活動
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆1.--第123回「Mélange」読書会・合評会〈5月21日(日)〉

この会を運営しているのは、神戸を拠点とする詩のグループ「Mélange」。事務局は私・大橋愛由等。
詩の会(二部構成)をほぼ毎月開催しています(8月と12月は休会)。
☆第一部〈読書会〉の語り手は、中嶋康雄氏です。
テーマは、「〈擬態〉から語りだす虫のワンダーランド」(仮題)です。〈虫〉はなぜ擬態をするのか、その巧妙な仕組みを語りだすことで始まります。同じ海から生まれでた仲間であるのに、ヒトであるわれわれと違う「進化」を経て生き続けてきた〈虫〉の世界を知ることで、地球そのもの生命誌にも言及されると思います。「虫の詩人」と畏敬されている中嶋氏ならではの世界が炸裂すると思います。ご期待ください。 
第一部は午後1時から3時まで。参加費無料です。ただ、講師へのカンパをお願いしています。
会場は、神戸・三宮のスペイン料理カルメン078-331-2228です。阪急神戸線三宮駅西口から徒歩一分の便利なところにあります。


――――――――――――――――――――☆

☆第2部・合評会(PM3:10-6:00)
そして合評会です。
作品の締め切りは5月18日(木)です。いつにもまして意欲的な詩稿(句稿)をお待ちしています。
合評会に出席できなくとも、送っていただいた詩稿は、「月刊めらんじゅ123号」に掲載します。(Wordの添付ファイルで送稿される方が多いのですが、Wordのバージョンによって文字化けが必ずといっていいほど起きます。詩稿の送信は、添付ファイルを付けてもいいのですが、その際には、メール本体に詩稿を貼り付けておいてください。これは必ずお願いします)。

――――――――――――――――――――☆

「Mélange」月例会の当面の日程を提案しておきます。
(敬称略・開催場所はすべて神戸三宮のスペイン料理カルメン・開催時間は毎回午後1時)
予定ですので変更する場合があります。その際には、この月報(「Mélange」メールニュース)あるいは、ブログ「神戸まろうど通信」をご覧になって確認してください。
☆06月25日(日)/第124回/発表予定者/福田知子
☆07月23日(日)/第125回/発表予定者/大西隆志(5月の発表予定だったのが7月に変更されました)
◆8月19日(土)/第20回ロルカ詩祭(8月の例会は休みます)
☆09月24日(日)/第126回/発表予定者/未定
☆10月22日(日)/第127回/発表予定者/未定
☆11月26日(日)/第128回/発表予定者/木澤豊「シリーズ・宮澤賢治語り」
◆(12月の例会は休みます)

――――――――――――――――――――☆
なお、「月刊めらんじゅ」122号ですが、例会当日に配った冊子を第一版として、第二版では、第一部読書会の発表者である北岡武司氏のレジュメを掲載しています。

//////////////////////////////////////////////////////

◆2.--カフェ・エクリの活動〈5月29日(月)〉

高谷和幸氏主宰の詩の会「カフェ・エクリ」についてです。
この会は、(兵庫県)播磨地域で表現活動することを全面に押し出した詩を中心とした文学集団です。
月に一回の詩の会(「Mélange」例会と同じく読書会パーツと詩・川柳の合評会の二部制)を中心に、
シンポジウム開催や、年に一回程度の小紀行をしています。

》》》》》》・〈5月29日(月)〉〈開催場所・たつの市ガレリア/発表者・千田草介〉
  
(大橋が代わりに案内)発表予定者は、小説家の千田草介氏。語る内容は未定です。博覧強記の千田氏の発表です。きっとすてきで刺激的な語りになると思います。

第二部の詩・川柳の合評会は、自作品のコピーを12部程度持参してもってきてください。

「カフェ・エクリ」連絡先 
高谷和幸
〒676-0815 高砂市阿弥陀1-11-24
080-5311-6265

》》》》》》今後の「カフェ・エクリ」の開催日時(敬称略・開催時間は毎回午後2時)/前回より若干変更しています。
・6月19日(月)〈開催場所・姫路市「納屋工房」/発表者・北岡武司〉
・7月10日(月) 〈開催場所・赤穂市「煉瓦屋」/発表者・情野千里〉
・8月は休会。
・9月18日(月・祝)〈開催場所・姫路市アイメッセ/発表者・中村雅子〉
・10月30日(月)〈開催場所・たつの市ガレリア/発表者・千田草介〉
・11月20日(月)〈開催場所・姫路市「納屋工房」/発表者・吉田ふみゑ〉
・12月11日(月)〈開催場所・赤穂市「煉瓦屋」/高谷和幸〉
・2018年1月は休会。
・2月12日(月・祝)〈開催場所・姫路市アイメッセ/発表者・得平秀昌〉
・3月05日(月)〈開催場所・たつの市ガレリア/発表者・大橋愛由等〉

》》》》》》
なお、エクリでは、年に一回の文学誌「Oct.」の発行以外に、あらたに合評会に出された詩稿を年に二回まとめた冊子を発行する予定です。



◆3.―「北の句会」〈5月28日(日)〉のお知らせ

(北村虻曳氏からの情報)
「北の句会の皆様
この連休汗ばむほどの季節となりましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

「北の句会」5月例会の出句は
課題句「テープ」1句(堀本吟出題)、自由詠1句
合計2句です。
自由に着想を膨らませてください。
投句締切は5月20日(土) 20:00 (必着)です。
出句先はいつもどおり丸山巧さんです。

会場は、「港区民センター」1階「菊」
5月28日(日)13:00-17:00
JR大阪環状線弁天町駅あるいは大阪市営地下鉄中央線下車350m
https://www.osakacommunity.jp/minato/sisetu_a.html
TEL: 06-6572-0020


◆4.--文学短報
A/――今月のFMわぃわぃ「南の風」の収録は5月15日(月)の予定です。
   神戸と奄美を結ぶ情報番組の「南の風」。放送は、FMわぃわぃのホームページから随時聞く事ができます。
   放送時間は1時間。 
   今月の放送は、先月逝去した奄美の唄者・築地俊造さんの特集を予定しています。

B/――第20回ロルカ詩祭は、8月19日(土)に神戸・三宮のスペイン料理カルメンで開催いたします。
 第一部はロルカ詩の朗読。第二部はロルカ的世界に身を委ねた詩人たちの朗読です。
 午後5時開場。第一部は午後5時から6時まで。15分間の休憩を挟んで、第二部は午後6時15分から8時30分まで行います。

C/――兵庫県現代詩協会の活動。
☆新しい年度がスタートいたしました。常任理事・理事・監事の人事の異動がありました。
今年一年間、さまざまな行事を展開いたします。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第122回「Mélange」読書会・... | トップ | 「月刊めらんじゅ」123号をネ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

めらんじゅ」カテゴリの最新記事