磨呂の写真館 (辰野邦次)

自然の風景と動物・野鳥の日記です

藤の花と芍薬の花

2017年05月18日 05時38分42秒 | 日本の風景

 

         藤の花..(奈良県・春日大社)

春日大社の社紋は「下り藤」。 藤は境内随所に古くから自生し、藤原氏ゆかりの藤ということもあり、次第に定紋化されました。 御巫(みかんこ)の簪又、若宮おん祭の「日の使」の冠にも藤の造花が見られます。 とりわけ御本社の「砂ずりの藤」は、名木として知られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          芍薬の花・・(奈良県・石光寺)

中将姫ゆかりのボタンの寺 石光寺~ 大和路の二上山のふもとにあり、日本最古の石仏、中将姫伝説、ボタン・芍薬の花で知られています。 境内には四千本以上、五百二十種類の色とりどりのボタンや芍薬が、花の浄土図を描きます。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道中日記 | トップ | 白井の藤 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む