進んだつもりが後退していた

1歩進んで2歩下がる。

マンションを買うべきか?

2017-07-13 14:37:21 | 日記
シングル女性はマンションを買うべきか
ノーです!
Q. 老後に備えて、マンションは買っておくべき?
相談する人:笹山沙織さん(35歳)
【年収】670万円【月々の収入とボーナス(手取り)】32.2万円/月、123.6万円/年間ボーナス【金融資産】750万円(預金)【職業】IT企業 正社員【住居】賃貸マンション【趣味】トレッキング
「30代半ばになって、マンション購入が気になり始めた」という笹山さん。
月々の積立額は1万円とやや少なめだが、ボーナスの約半分は貯金しており、貯蓄額は750万円と順調に増えている。
そんな中、親しい友人たちが次々とマンションを購入。新居でのホームパーティに招かれる機会も増えた。
「マンションを買った友達に会うと、みんな幸せそうなんです。『やっぱり持ち家のほうが安心だよ』と聞くたびに、いいなあって」
親に相談したところ、「マンションを買うなら結婚後にすればいいのに……」と渋い顔をされた。親の言い分はわかるものの、いまはつきあっている人はおらず、結婚の予定もないのが悩みどころ。
「同世代の友人の中には婚活に励んでいる人もたくさんいます。私も頑張らなくちゃダメなのかもと思うんだけど、なかなかその気になれない。仕事も忙しいし、休日ぐらいのんびり過ごしたいというのが、正直な気持ちなんです」
だが、マンションの頭金を払うと貯蓄がガクッと減ってしまうという不安もある。
「いちばん気になるのは、いまの収入だったら、いくらぐらいのマンションが身の丈に合うのかということ。あとは、買った人がよく言う『いざとなれば貸せば大丈夫』はホント? というあたり。もし、本当に貸せるなら安心して買えるんですけど……」
ファイナンシャルプランナー 浅田里花さんからアドバイス
「貸せばいい」「売ればいい」をうのみにしないこと!
結論からいうと、シングルのうちにマンションを購入するのはあまりおすすめできません。というのも、結婚や出産などでライフスタイルが変わると、住みたい物件の条件も家計状況も変わります。
よく「いざとなったら、貸せばいい(売ればいい)」などといわれますが、希望通りに借り手(買い手)がつくとは限りません。不動産物件は買った瞬間から建物の価値が下がっていくもの。メンテナンス費用もかかります。もっとも、終の棲み家と考えるならそれはそれで賢い選択ですが、ライフスタイルが変わると感じるうちは時期尚早かも。
将来の不安に備えたいなら、金融資産の確保が最優先です。いつでもどのような目的にでも使える「お金」を貯めることを意識して。
笹山さんの収入ならあと2万円は月々の貯蓄に回したいところです。支出額が大きい「美容・ファッション費」や「趣味費」などを見直せば、さほど苦労せずに貯められるはず。
いずれ購入するにしても、現金があれば頭金が増え住宅ローン借入額を減らせます。キャッシュでのマンション購入という選択肢も。
30代シングル女性がとくに気をつけたいのは、不動産会社が主催するマンション購入セミナー。「派遣社員でも購入できる」「家賃と同額の住宅ローンで資産が持てる」など、魅力的なフレーズの裏には“背中を押す”意図が隠れています。すぐその気にならず冷静に。
マイホームは人生最大の買い物。目先の不安や焦りに惑わされることなく、じっくり検討をしましょう。
浅田さんからのアドバイス「3つのポイント」
1. 鉄則は「現金化しにくいものは持たない」
2. マンションは価値が下がることを念頭に置く
3. 自分は自分。気軽に不動産セミナーに参加しない
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のり巻きおにぎり恐怖症 | トップ | 昭和40年男 »
最近の画像もっと見る