進んだつもりが後退していた

1歩進んで2歩下がる。

壁を作りまくりましょう

2017-04-21 06:43:30 | 日記
賃貸のインテリアに革命を! DIYで"第2の壁"をつくろう
家やインテリアを自分の手でカスタマイズしてみたい、でも難しそう……。そんなあなたに、リノベーション・DIYのウェブショップ「toolbox」が、初心者でも簡単にできて、部屋を劇的に変えるテクニックを教えます。今回は「突っ張りウォールキット」で、収納や間仕切りとして使える"第2の壁"を手軽につくる方法をご紹介。
電動ドライバーひとつで、好きな場所に柱や壁が!
部屋を手軽にリノベーションしてみたい、DIYで少しずつ理想の空間に変えていきたい。そう考える人は多いでしょう。とはいえ、わざわざリフォーム屋さんに行ったり、デザイナーに頼むのはハードルが高い。そう考える人も多いはず。
さて、今回取り上げる「突っ張りウォールキット」は、自分で簡単に壁や柱を増設できる人気の商品です。すばらしいのは、既存の壁を傷つけることなく設置できること。原状回復が必要な賃貸物件はもちろん、壁に穴を開けたくない新築物件などでも気にせず使えるのが魅力です。
仕組みは簡単。まず専用金具を取り付けた木材を床と天井に突っ張って、ベースとなる「柱」を立てます。そして、柱と柱の間に有孔ボードやシナ合板を張るだけで、「壁」のできあがり。
組み立ては電動ドライバーひとつでOK、ビスは突っ張った柱に打ち込むため、壁や天井はいっさい傷つきません。また、木材と板は設置する場所に合わせてオーダーカットが可能です。
収納するもよし、目隠しするもよし
このように、このキットを使えば、好きな場所に好きな形の「壁」を簡単につくることができます。テレビや家具の上の空いたスペース、リビングや寝室に壁収納があったら、もっと効率的に部屋を使うことができますよね。
ほかにも「ここに壁があったら……」と思うことは、よくあるもの。玄関から部屋全体が丸見えだったり、ワンルームでリビングとベッドスペースが分かれていなかったり。そんな間取りの悩みを解決してくれる、便利な目隠しとしても機能します。
もちろん住宅だけでなく、展示会など期間限定のイベント時に壁を設営する場合や、オフィスのミーティングスペースとワークスペースの間の仕切りとしても使用可能。柱や壁を自由に設置することで、空間の使い方はもっと広がるはず。
アイデアやアレンジしだいで使い方はさまざま
シンプルな仕組みなので、アイデア次第でさまざまな使い方ができるのも、このキットの特徴です。
中でもアレンジの幅を広げてくれるのが、壁材として選べる「有孔ボード」。均等に空いた穴にフックやホルダーなど専用金具を取り付ければ、オリジナルの壁面収納が完成。雑貨やアートフレームに楽器、工具などをラフに掛けてもいいし、小さなサイズでオーダーして、キッチンの「吊るす収納」として使えば、見た目も機能もバッチリ。
ワックスを塗って木目の風合いをより生かしたり、ペンキを塗ったり壁紙を貼ったりして、好みの壁をつくるのもオススメ。なんでも黒板にしてしまう黒板塗料を使えば、家族へのちょっとした連絡や買い物リストが書き込めるメッセージボードとしても活用できます。
また、あえて壁をつくらず、柱を1本立てるだけでも立派な収納として活躍してくれます。たとえば、玄関などに設置して、お気に入りのフックを取り付ければ、荷物やコートを掛けられる便利なハンガーに。
また、壁付けするタイプの照明も、この柱を利用すれば壁に穴を開けることなく取り付けができてしまいます。
内装や間取りだって、プロに頼らずDIYで変えられる
部屋に壁をつくる。たったそれだけで、あなたの部屋は劇的に理想の空間へと近づいていきます。壁をつくるということは、いわば間取りを自分自身で自由に設計できるということ。そう考えるだけで、なんだかワクワクしませんか?
ちなみにこちらのキット、柱は1本2,160円、板は1枚4,200円(共に税込)から。下手に家具を買うよりもリーズナブルに、自分の暮らしに合わせた収納を手に入れられるのもうれしいところ。
もうすぐゴールデンウィーク、あなたも自宅にカスタマイズできる"第二の壁"をつくってみてはいかが?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 給与明細 | トップ | 煙突貝 »
最近の画像もっと見る