goo

馬小屋

川をほんの少しさかのぼると、
あるいは川下へ向かっていくと、
川の様子も周りの風景も
どんどん変わって、面白くて、
ついつい遠くまで歩いてしまったりします。

鴨川を我が家のあるあたりから、
ほんの僅か、4~5キロもさかのぼると、
(橋の数でいえば、6~7本かな。)
川幅も狭まり、山が迫ってきます。
久しぶりに行ってみたら、
以前、田畑だったところがすっかり住宅地になっていました。

でも、川沿いの道路わきにぽつんとと建つ馬小屋が今も健在でした。
馬が、代わりばんこに顔をのぞかせていました。
(京都の街で馬が登場するイベントの時に活躍しているそうです。)

川は空間を広げ、
空気の色を見せてくれます。
水の流れは、光のきらめきを届け、
時間の不思議を陶酔します。

(終着点は自宅近くの葵橋、
写真は橋の上から川上を向いて、いつもの構図)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 92年前の新聞 クジャクのい... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。