田舎の生活

東京から木更津に越しました。二代目シェパードと保護犬のおばあちゃんトイプードル、6猫たちと暮らしています。夏は那須で生活

ライカの育児相談

2017-04-04 23:13:55 | 那須


今週で那須から帰ろうかと思っているので、両親の用事を適度に挟みながら過ごしてます。

今日は両親とまたアウトレットに行く予定。
私もお店を見て回りたいから、ライカさんは『Place Dog』にお預け。

『Place Dog』は「犬の運動場 Place Dog」と看板を作って居たから、そういう所。

ウッドチップを敷き詰めた、半分森の中の広いドッグラン

犬を預かってもらえるし、ドッグランとしてあそばせることも出来るし
(ほぼみんな預けてるけど)

お泊まりでお願いすることもできます。
(お泊まりはオーナーさんのお宅に移動し、自分の布団やケージ持ち込みで使用します、食事も持ち込み)

シャンプーもしてもらうことができますし、ちょっと犬がいると・・・という時に強い味方。
(まあうちの場合は、プンちゃんが居るから完全に犬なしにはならないけど)



ただし、一見さんでは預かりはして貰えません。

基本預かって居る間はドッグランを自由に走り回れるので、その子の性格をある程度見極めてみんなと問題なく過ごせるかを見てからですね。

それまではドッグランとして通って、その日預かりの犬たちと遊んだりさせて様子を見ます。




だから、大体みんなあったことのある子たちばかり。

今日はライカが遊べたシェパードのボルフィくんが居ました。あと、ボクサーのぽーちゃんも居たかな?

この辺の子たちとは割と相性が良く、遊べたはずなんですが・・・



ライカの社会勉強で、たまにお泊まりもさせてます。
(私が何処かに行くわけではなく、ライカが外を体験するという)

2年くらい前かな?仔犬だったライカのサークルを作って居た部屋があり
大きさに合わせてサークルも一部屋丸々を囲う感じになってしまい、クレート訓練とともに部屋を改装しました。

(本当ならもっと早くクレート訓練するべきなのですが、その間に猫が2匹増えまして、なんだかんだと遅くなってしまったのも悪いのです😰)

それまでもライカをサークルから出したりして、猫たちとも問題なく居られるし、もうクレートで十分だろうという判断でした。

それまではサークルが彼女のパーソナルスペースだったわけですが、それがなくなりいきなり世界が広がってしまい

何事にも過敏になり、今まで良い子でいられたドックカフェでも、レストランでも、ウエイターさんに吠えたり・・

とにかく怖くて吠える犬になってしまいました。

特に男の人が怖いみたいで、怖くて吠える!!!

もう対処に困って、Place Dogに相談して半月くらい預かって貰ったのかな?

朝の散歩は男の人に引いてもらい、Place Dogのお客さんの方にも触って貰ったりして人馴れ訓練

他の預かり犬たちと共同生活をして、少しはマシになりました。

あとはお友達にトレーナーのN氏を紹介していただき、ライカの育児相談をしました。

飼い主のリーダーシップなどの問題もありますから、旦那の甘やかしも駄目!!

興奮して騒いでる間は無視、びっくりして吠えてしまっても無視、とにかく無視。

そういう時に怒っても、コマンドを言っても、構って貰ってるという判断で犬は喜ぶからひたすら無視。

30秒でも良いから無視。

旦那にも徹底して貰って、今に至る・・・ですね。
今はやっと本来の、怖がる以前くらいに戻ったのかな?

年齢も落ち着いてくる年齢になってきたし、これからもっと聞き分けの良い子に成長していくと思います。

先代のシェパードは男の子で、これは上位を認めさせるとあとは楽でした。
犬と何度もプロレスして首根っこを床に押さえつけて、どっちが上じゃあ・・みたいな💦😅

女の子コレやると、拗ねるからほんとやりづらい。

今思えば、先代のアストンは本当におっとりさんで優しい犬だったんですね。

同じ犬種なのに、性格も色々で本当にみんな可愛いです😍






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりのファーレ・ラ・コルテ | トップ | ホンドテンが鶏肉を取りに来た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

那須」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL