日々徒然

日々の中での色々なこと 書いていきます。
(*^^*)

言葉にすると言葉の次元を超えることができなくなること

2016-10-16 21:41:43 | 日記
言葉にできないことがある。
むしろ 言葉にしてしまうと 途端に それは本来のことと違うものになってしまう、
決して言葉ではつかみ取れないものがある。と

痛々しく苦々しいまでに すでに20年ほど前に感じていた ということを
先日 思い出しました。

思い出したのは、そのことについて、
たまたま文章を書くことを生業としていた人に話してみたら、
その人も たしかにそうだ と思うといっていたので、
私だけではなかったのか、、、と思った。という
会話の記憶があったから、、、。

確かにそうだ とはっきり思っているよなことも、
このようなブログとか文書で文字に形に残しておくとか、
それを言葉にして誰かに話しておくとか、
なにか形にしておかないと、
記憶に残りにくいものなのかもしれない。



先日 突然、20年も前の この時の私の感覚は、正しかったんだ。。。。
すでに20年前からはっきり腹だたしく感じていたんだということを
はっきり思い出したのですが、

今は 20年前より、もう少し この感覚は進展しているような気がします。




今は。

言葉にしては、、、それを想念(イメージや知能・メンタルなどの言葉の次元)で もて遊んでしまい、
決して 言葉の次元(知識・メンタルの次元)を超えることができなくなってしまう。
違う言い方をすると、
言葉にすることによって、
言葉を超えたことを体験できなくなってしまう。
それを 言葉にすること自体が、それを体験する可能性を殺してしまう可能性があること、
を感じているということと。


言葉を超えたものをはっきり把握した次元の認識や知覚でいてつつ、
その状態から発する言葉は、
おそらく 
そのもの(言葉を超えたことなど)をはっきり現すことができなかったとしても、
決して 大きく外したり、間違ったり不適切な言葉を選ぶことはなくなるのではなかろうか。。
という感覚です。
(これはこれまでの人生で僅かで数少ないですが、経験があります。)












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メンタル・脳・知・知能・知... | トップ | 身体の死について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。