徳不孤必有隣 marimerucha  

羽生善治先生の棋譜の鑑賞
ワンちゃん(まりめるちゃ)とのふれあい
クローン病との闘いの日々を綴っています

トップ会談

2016年10月19日 | 避難生活
東京オリンピックの施設が高額になり
都知事やIOC会長などで四者会談だということです
誰が一番権限があるのか
意見が分かれた場合が心配です
ボート競技は韓国で開催なんて案もあるらしい
将棋の三浦問題は
一人の告発から始まり
精査するのに 渡辺竜王、羽生三冠、佐藤名人、谷川17世名人将棋連盟会長
などトップ七人の会談があったらしい
週刊文春がすっぱ抜き
こちらは、全員合わせると権限どころじゃない
公益法人とはいえ 誰も敵わない
それに三浦九段はだいぶ前からマークされていたらしい
今回の処分を不服として
弁護士を立てて裁判までいくかもしれないが
もし裁判になったら
証拠がないかぎり無実でしょう
ただ先の七人が三浦九段の除名を求めて
棋士総会で決をとったら
どうなるのか
こちらは権限を持った人達が一致団結
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大丈夫…じゃないかな | トップ | 荒れ球 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。