徳不孤必有隣 marimerucha  

羽生善治先生の棋譜の鑑賞
ワンちゃん(まりめるちゃ)とのふれあい
クローン病との闘いの日々を綴っています

キミスイ

2017年07月16日 | 避難生活
「君の膵臓を食べたい」
いい小説でした
読み終わったあとタイトルの意味に泣く
という通り感動しました
ただ捉えかたも人それぞれらしく
ネット上では色々な意味として考えている方々がいました
ここからはネタバレしますのでまだ原作を読んでないかたは失礼します
僕の考えたのは
人が誰かを好きなることの一つの要因として
その人を尊敬できるか?
相手が異性でも同性でも先ずはそこかなと思う
学生が良い先生に出会い将来は教師を目指すとか
モーツァルトや現代のアーティストの曲に感動してその道を目指すこともあると思う
それのピークが尊敬している人になりたいということではないかなと
尊敬できる先生がいたらあの人のようになりたいというよりその先生になりたい
モーツァルトになりたい
それが同級生に尊敬できる人がいたら
その同級生になりたい
異性であれば恋や愛に発展するのではなく
恋や愛とは別のものでそれ以上のものが尊敬
恋や愛に変化はするかもしれないけど
決してそれ以下ではないと思えました
すなわちタイトルの意味は膵臓を食べるということは恋や愛やを通り越した尊敬により貴方になりたいという風にとれました
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷子 | トップ | 関節痛 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。