I love journey

旅行についてのブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箱根 in 2016 秋 / 1日目

2016-11-07 10:32:31 | 国内旅行
夫の誕生日と結婚記念を兼ねての旅行の季節。今年はマイレージを使い切ってしまったのもあり、飛行機を使うのをやめて、近場を選択。久しぶりに箱根に行くことにしました。

《移動手段》
予約を一切しない気ままな電車の旅

今回は横浜経由にしました。

横浜から小田原まで: 踊り子号
ホーム上で特急券を購入。自由席が3両あって、余裕で座れました。ただ古いタイプで座席が狭ーい。30分程度なら我慢できました。
(所要時間約37分)

小田原について、JRから小田急に乗り換え。この時券売機で箱根フリーパスを購入。ここで買うと2日間で4000円。
このフリーパスは大活躍でした。

小田原から箱根湯本 : 小田急特急箱根
(所要時間約13分)

箱根湯本から強羅 : 箱根登山鉄道
(所要時間約35分)
かなり混んでいて、座れなかったが辛かったです。


強羅に着いたのがちょうどお昼だったので、何か食べようということに。

やっぱり箱根と言ったら蕎麦!!
強羅近くの蕎麦屋へ。
私は天ぷらそば

夫はこのお蕎麦屋さんの一押しメニュー、山芋そばを頼みました。


この後、場所を変えて、スイーツを食べに。旅サラダのミカちゃんが行ってた「一色堂茶廊」へ。

ここは強羅公園内にあるらしい。ここに行くまでに、相当な坂があって、私はヘトヘトでした。
強羅公園に入るには有料でしたが、ここで箱根フリーパスが活躍。無料でした!
園内もやっぱり坂の連続。
私はこの辺には絶対に住めないと思いました。

さて目的のスイーツです。
箱根スイーツコレクションの期間中なのもあって、限定30食 凛というメニューをオーダー。
ここも箱根フリーパス割引が活躍しました。

ボリューム満点。
一皿でいろんな味が楽しめて、満足度高いです!


さてさて、じゃ次の目的地、大涌谷へ。
と思い、強羅駅まで戻ると、ケーブル乗車の長蛇の列。しかも16:00で運転終了とのアナウンス。土曜日の午後2時の時点の今。天板の行動はこういう結果になりますよねー。
じゃ、大涌谷は今日はやめて、美術館でも行くか。この辺だと、箱根美術館があったね。
ということで、もう一度あの強烈な坂を登ることに。しかも美術館は、さらに上にあったので呼吸困難になるくらいに頑張って、なんとかたどり着きました。あとで知りましたが、巡回バスや箱根ケーブルを使えばこんな辛い想いはしなくて済んだのですよね。

箱根美術館は庭園の中にあるので、しばらく庭を散策。紅葉が少し楽しめました。


肝心の美術館には、壺や埴輪などが展示されてました。私はあまり興味がない分野だったみたいです(^^;;

そしてホテルへ。
一度箱根湯本に戻るのですが、登山鉄道に乗る気になれず、ちょうど箱根登山バスの停留所が見えて、しらべていくと、どうもバスでいけるらしいとわかって、湯本までバス利用に。
これも箱根フリーパス利用可能範囲。
小涌園あたりで、一度バスを乗り換えて、箱根湯本へ向かいました。ただ結果として、夕方➕国道1号は猛烈渋滞。かなり時間がかかりました。

フゥ〜〜、旅は色々あるな。

ホテルまでは100円の送迎シャトルバスがあって、駅のロータリーから乗れる。
これも凄い人。
この時期は、どうも混雑するようだと知ったのは、後の祭り。
ホテルに到着し、ホット一息。
お風呂にさっと入って、お待ちかねの夕食!!

・・・・。

なんか、今回は色々勉強になりました。
箱根に行くときは、、、の心得を学びました。

✴︎この時期は行かない
✴︎夕食は外で食べる
✴︎その他もろもろ


ホテルでやったマッサージは気持ちよかったから、夜はよく寝れました♡
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マレーシア in 2016 夏 / 1日目 | トップ | 箱根 in 2016 秋 / 2日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。