MARIKOのお喋りタイム♪







      

ピーターラビット・カフェに行ってきました

2016-02-26 22:25:50 | 日記

 

  こんにちは

 

  小田急線町田駅にある「ピーターラビット・カフェ」に行ってきました。

  実はわたしピーターラビットのファン。以前このブログにもピーターラビットのことを二度

  も記事にしたことがあるくらいです(2011年4月と5月に)。

  

  一年も前からお店ができていたなんて、ちっとも知らなかった。

  誰にも言わない隠れファンなので、誰も知らないから情報も入ってこない。

  何気にネットを見ていたら、発見しました。ムムム・・

  東京の自由が丘と町田にお店があるそうです。

 

  行かねば!!

               

         

  ↑町田駅西口から徒歩1分の町田モディ9F。(後で地図を載せますね)

  さっそくお店の前にマクレガーさん(人間)の畑が。

  ↓悪戯小ウサギのピーターが作物を食べ荒らしている、絵本の有名なシーン。

  このあとマクレガーさんに見つかって、「ドロボー!」と追いかけられるんです。        

           

 

           

 

  ↓他のお客さんが入っていますので、店内の隅のほうだけちょっと。

  壁には、絵本のいろんなシーンの絵が飾ってありました。

  各席にはピーターラビットの絵本も置いてあり、読んでもいいのですって。   

           

    

           

 

  ↓所々の客席に、ピーターと妹のぬいぐるみが置いてあって、ぬいぐるみを抱いて遊んでいる

  お客さんもいました。     

            

 

  中途半端な時間でしたのであまりお腹は空いていなかったけれど、紅茶と食事を注文。

  写真に撮りたかったので。 

  ↓紅茶がきました。可愛いポットカバー。  

           

 

  ↓わたしの前にはピーターと妹が座って。「ナスのミートチーズグラタン」とパンと紅茶です。

  「マクレガーさんの野菜カレー」も頼もうかと迷ったのですけど、写真に撮るためだけに注文

  するのも・・ね。全部食べれそうにないのでやめました。

  メニュー価格は高校生でも入れそうな、どれもリーゾナブルな価格です。

           

  ↑グラタンも良かったけど、パンが美味しかった。中にバターがたっぷり溶けて入っていて。

  お皿もピーターラビットのキャラクターなので嬉しい。

 

  ↓壁の絵。ピーターのお家です。ピーターの家族は、母親と三匹の妹ウサギたち。

  ピーターの父親は、マクレガーさんに捕まってマクレガーさんの奥さんにウサギのパイに

  されて、人間たちに食べられてしまったそうです。ショック!!

  母親が裁縫の仕事をしながら子供たちを一人で育てているのです。

           

 

  ↓下の女性は、ピーターラビットの作者の絵本作家ビアトリクス・ポターさん。(英国)

  ピーターの父親はパイにされて食べられてしまった、この設定は絶対に変えない、と主張して

  譲らなかったそうです。この物語、甘くないんです。    

           

 

  ↓下は、ハリネズミのティギーおばさんです。 

           

 

  ↓お店の前にグッズ売り場がありました。(お店の中にもグッズ売り場があります。)

           

 

  ↓マグカップは、右からアヒルのジマイマ、ピーター、リスのナトキン。    

           

 

           

 

  ↓お店の名刺です。

 

          

          

  今度は自由が丘店にも行きたいなン。

 

  暖かくなったとちょっと期待すれば、翌日は7度の寒さに突き落とされたりの繰り返し。

  まだまだ三寒四温が続きそうですけど、皆さん、体調を崩さないようにお気をつけ下さいね。

 

 

                          

 

  

                

 

      

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィースの巡礼教会 | トップ | 郵便局のピーターラビット »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。