MARIKOのお喋りタイム♪

自由に 思いつくままに 楽しく       

プラハの街と装飾吊り看板・その2

2017-07-09 22:16:31 | 旅行 ・ 装飾吊り看板

 

  こんにちは。

  大雨の水害が大変な状況ですね。気温が高いので被災地の皆さんの疲労や衛生面のことが心配。

  一日も早く救済の手が行き届きまように、国のほうももう少し迅速に動いて頂きたいものです。

 

  今回はチェコの首都プラハの2回目にして最終回です。

  プラハ城などの有名観光スポットは、2011年に4回にも分けてご紹介しましたので今回は

  省略し、プラハの別の側面をお伝えしたいと思います。

   少し長くなりますけど、最後までよろしくお付き合いください。

 

  ↓下の吊り看板は二つが重なって見えにくいのですけどユニークなデザインがお分かりでしょうか?

  どうしてこんな至近に取り付けたのか・・お互いに看板効果半減です。

  後ろのチャイニーズレストランの看板は、四角い板を吊ってあるだけですので。

  右端にある黒い建物は前回その1でもアップした火薬塔(パウダータワー)。 

            

  ↑帽子をかぶったような面白い塔の屋根の形は、プラハのあちこちで見かけました。

  こんな極端な形は他の国では見た記憶がありませんので、ボヘミア独自の文化ではないかと。

  ボへミアは、かってチェコの中心辺りにあった国で、第一次大戦後にチェコスロヴァキア共和国

  に入りました。プラハはもとはボヘミアの中心都市だったのです。

 

  ↓下にも同じ形の屋根が。ここはブルタヴァ河(モルダウ)に架かっているカレル橋の上です。

  黒い帽子の塔は橋塔。上から見張れるようになっていて、敵の侵入を防ぐための門でした。

            

 

  カレル橋を渡って↑上の橋塔のアーチをくぐってゆきますと、マラーストラナ広場という宗教的な

  広場が開けました。↓

  正面は聖サルヴァトール教会、緑のドーム屋根は聖フランティスク教会。         

            

  ↑ここからは見えませんが、正面の奥から右手奥にかけて「クレメンティヌム」と呼ばれる巨大

  建築群が広がっており、かってイエズス会(修道会)の大学や寄宿舎が置かれていました。

  イエズス会がここにクレメンティヌムを造ったのは、フス派を中心としたボヘミア・カトリック

  教会を絶滅させ、イエズス会の勢力を拡大するためでした。

  計画通り、ボヘミアカトリック教会は17世紀初めに絶滅します。

 

  ↓下はそのクレメンティヌムの一部。

  16世紀に造られた建築群で、現在は礼拝堂や図書館、天文塔、ホールなどに使われています。

            

 

  ボヘミア・カトリックというのは、ローマ・カトリックに抵抗し宗教改革を唱えて火刑に処せら

  れたヤン・フスの思想を受け継いでおり、イエズス会は宗教改革に反対する勢力でした。

  ヤン・フスは民族的英雄として未だに崇拝されており、この場所に来て初めて「プラハの春」など

  の果敢な民主化運動を起こしたチェコ人の反骨精神のルーツが分かるような気がしました。

      

  ↓最初の広場に戻りますけど、聖フランティスク教会とカレル4世の彫像です。

  カレル4世は、上記の時代よりも遥か以前の1316~1378年の人。

  ボヘミア王国の国王であり、1346年にローマ皇帝に選出された人です。             

             

  ↑カレル4世は、プラハ城内の聖ヴィート大聖堂やカレル橋、カレル大学などを建築させ、ローマ

  皇帝になってからはローマ帝国の中心にプラハを置き、プラハやチェコ国内にさまざまな価値ある

  建造物を造らせました。

  なので、カレル4世あってのプラハ観光地。チェコのお札にも印刷されています。

 

  ↓ちなみに、先程の広場の正面にあった聖サルヴァトール教会のファサードです。

  聖人なのでしょうか、彫像が13体立っていて興味深い建物でした。

            

 

  ↓最初からいきなり重い話になってしまいまして。街へ戻りましょう。

  あいにく雨が降り曇天で、写真が暗いのが残念。

  ここにも黒い帽子のような屋根の別の建物が写り込んでいます。

            

 

  ↓街で拾った吊り看板を幾つかアップします。ドイツの吊り看板などとはかなり違う看板でした。

             

 

             

 

  ↓アヒル?の看板とレコードは繋がっているのです。

             

             

             

 

            

  

  ↓「プラハ国立歌劇場」の近くを通りましたので見に行きました。こじんまりとした歌劇場です。 

            

  ↑こんな所から日本に大勢繰り出して興行に来ることを思いますと、胸にジンときて。

  以前、東京でこの歌劇場のオペラ公演、モーツァルトの「魔笛」を観たことがあるのですけど、

  (言いにくいのですが)悲しいくらいがっかりしましたので、ちょっと複雑な思い。

  国立の歌劇場というので安心かと思って観に行ったものの。

  聞くところによりますと、チェコの歌劇場は皆、国立なのだそうです。

 

            

  ↑上は、観光の中心地旧市庁舎の傍です。正面の赤い屋根の建物は「一分(いっぷん)の家」。

  昔、刻み煙草を売っていたそうですけど、小説家のカフカが一時住んでいたことで知られています。

 

  ↓この「一分の家」の外壁はスグラフィット装飾(だまし絵)になっています。

  ギリシア神話や聖書の絵を立体的なレリーフに見えるように描き、建物を豪華に見せています。

  チェコには、あたかも煉瓦を貼っているかのような外壁など、だまし絵の古い建物が沢山ありま

  した。上手な絵ですとほんとうにだまされます。

            

 

  ↓最後に共和国広場のメリークリスマス。

  天使がラッパを吹いているイルミネーションが素敵でした。          

           

 

 

                              

 

           

 

    

    

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラハの街と装飾吊り看板・... | トップ | 夕焼け空 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。