麻里布栄の生活と意見

小説『風景をまきとる人』の作者・麻里布栄の生活と意見、加えて短編小説。

生活と意見 (第576回)

2017-08-13 20:20:07 | Weblog
8月13日

あれこれ体のトラブルがあって、おじいさんとしての、「むなしいながらも落ち着いた時間」さえ手に入れることができません。読書も散漫。「暗夜行路」は四分の三でとまり、河出文庫で2年前に出ていたらしい(知りませんでした)ボルヘスの「幻獣辞典」(柳瀬尚紀訳)を手に入れて、ちょろちょろ読みました。この本が文庫になったのなら、ついでに「怪奇譚集」も文庫にしてくれればいいのに。でももしそうなっても、柳瀬さんが新しいあとがきを書くことはもうないんだなと思うと、さびしい気持ちになりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活と意見 (第575回) | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL