まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

輝ける皇妃、エリザベート展に行って来ました

2013-01-22 20:18:20 | ハプスブルク帝国の妃・皇女
マリー・アントワネット展に続き横浜そごうで開催中のエリザベート
例によって終わっちゃう!ということで、仕事帰りにダッシュで行って来ました。

今回も30分ぐらいしか見られませんでしたが、閉店時間間近ということで空いていて
ゆったりじっくり見ることができました。

正しくはエリーザベト展じゃないのか? ということはさておき
今回はマリー・アントワネット展と違ってレプリカは無くて
ほぼ全品、シシィが使用した物が展示されていました。
てなわけで、今回は写真撮影OKのスペースはありませんでした。

お時間がたっていますのでね、少しぐらい色がくすんでいたりしましたが
そんなことは気にしない!
繊細な仕事が施された刺繍やレース、宝飾品は見ていて楽しかったですよ。

その中に美しいビーズ刺繍の黒いビロードの筒があったのね。
私はてっきりトーク帽だと思い「綺麗なお帽子」なんて思いながら見ていたら
なんと! コルセットですってさ  51cmですよ!!
ウエストが細いってのは本でも読んでいたし、このブログにも書きましたが
目の当りにするとあんなに細いのね… 胃はどこにいっちゃってんでしょうか?

内容はというと、シシィが嫁いでから公務をこなしている絵とか
愛した家族たちとの写真、お美しい写真のアルバム、日常で使用していたもの
気に入っていた別宅の部屋の調度品とか周辺の風景画、アクセサリー、ドレス、食器
亡くなったことを伝える記事、追悼カードにデスマスクなど盛りだくさんでした。
個人所蔵の物も多くて、この機会でしか見れないものもあったかもしれません。

私などは以前から「シシィはちょっぴり美化されすぎているんじゃないかしらね?」と
思っている女ではありますが、見てる分には楽しめる美しい展示会でありました。

マリー・アントワネットにシシィ、二大スターの展示会は終わりましたが
お姫様展示会シリーズをこれぐらいの規模でどんどんやっていただきたいものですね。
しかしながら横浜そごうの次回予告にはお姫様企画がなくて
「やっぱりか…」と、がっかりしながら帰って来たしだいです。

ひとことK-POPコーナー
『神話放送』が見たいばっかりに、スカパーに加入しようかと真剣に考えているところですが
Mnetが見られるようになったらテレビの前から離れられなくなってしまふ… と迷ってます。 旦那も大反対!
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポーランド王ミェシュコ2世妃... | トップ | 『ウィークエンド』愛を壊す... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エカテリーナ)
2013-01-25 13:03:00
まりっぺ様、エリザベート展、行きそびれてしまいました(泣) マリー・アントワネット展も逃したというのに…。  シシィのウェストは51㎝と超スリムですが、なかなかピンときません。でもトーク帽だと思ってしまうほど細いだなんて逆にちょっと心配…。  あの有名な「星の髪飾り」はありましたでしょうか?
こんばんわ (まりっぺ)
2013-02-04 20:19:23
エカテリーナさま、こんばんわ

私もギリギリで行ったので、解説をひとつひとつ読む…まではいかなかったのですが、展示品は割とゆっくり見ることができました。

星の首飾りだかどうだかはわからないのですが、星形のアクセサリーはありました。
あと虫をモチーフにしたものですね… けっこうありました。

本当にあのウエストの細さはどうなんでしょう?
五臓六腑がちゃんとおさまっているとは思えなかったですよ
Unknown (三川恵子)
2017-05-03 06:44:00
ここは勉強になります。

日本のプリンセスも書いてあげて。
明治大正昭和の皇后は
みなさん、個性的です。
こんにちは (まりっぺ)
2017-05-03 09:07:24
三川恵子さま こんにちは
コメントありがとうございます

わたしはもともと歴史に詳しいわけでなく、家系図を作るのが好きっていうだけなんです。
それもどこまでつなげられるか? というのが楽しい…という、なんの政治的背景も考慮しない単純なもので…

実は、日本や中国、古代ローマなど少しトライした事があるのですが、側室制度があったり世襲でない継承制度だと家系図がプツプツ切れて家系図的には面白味が無い、ということで断念してしまいました。

でもエピソードフルで魅力的な女性も多々いたので
またいつかトライしてみたいと思います。
Unknown (三川恵子)
2017-05-09 08:25:01
おっと、家系図オタでしたかあ。
そうね、日本は万世一系の為
側室も多くて、景行天皇なんて、100人近く
お子さん、在ったんですよ。

スぺインでは、ご存じの様に
嫡出っての?しか、認めなかったんで、
他に大人になったご落胤在っても、
あと、継ぐのはあかんかっみたい。

個々のプリンセスについて、ストーリー化した記事は、
今生きてる人に、やおいして、楽しんでいます。
こんばんわ (まりっぺ)
2017-05-11 19:25:53
三川恵子さま こんばんわ

そうなんですよ
ただの家系図好きなんです

ヨーロッパは愛妾の子供が継承することは稀だったので家系図が繋がるものだから、つい手が出てしまって…

コメントを投稿

ハプスブルク帝国の妃・皇女」カテゴリの最新記事