健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

秋から冬へ

2015年10月31日 | 日記

あっという間に10月も月末となりました。
実際のところ、
「あっという間もなく」と言いたいところです
全く時の流れは平等であるがゆえ、無情であるともいえます…


空気が冷えてきて、木々が冬支度を始め、誰が決めた訳でもないのに季節が移っていきます。
凄いことです。

やっと、こころとの散歩の時間が戻ってきて一日の中で少しだけホッとする時間を過ごしています
こころはこの時期、元気です

ぶち切れ父ちゃんが最近怪しい動きをします
片方の耳が聞こえないのでそれが一つの大きなネックになっているのですが、
被害妄想のようなことをいうようになりました。

そんなこと言っていないよ、こうだよ
というと

そうか…

とはいうものの、ちょっと不安な行動が目立つようになり、どうしたものか
と思います。

今までの経験がない領域への突入で、アドバイスを的確にしてくれる人も少ない中、
手探りで向き合っていくことになるわけで、、
更に、正解のないことであり、難しさを痛感するわけです。
なにせ、健常者には恐らく100%の理解はないわけで…
どんなもんかと思います。

同じような思いでいる人ってたくさんいるんだろうと思うのですが、
情報交換ってできるといいなと感じています

何はともあれ

健康食は犬好食




キレイをつくる酵素レシピ
鶴見 隆史
永岡書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜たっぷり カーレのランチ

2015年10月30日 | グルメ
素晴らしいランチを頂きました




カレーのランチ
これにドリンクがついて¥1200
更に¥300プラスでデザートがつきます。
この野菜のプレートがもう魅力的で魅力的で嬉しかったです
野菜がたくさん、さつまいも、人参、かぼちゃ、たまねぎなどなど…
カレーにはねぎ、きのことたくさんの野菜
凄い、凄い、凄いです

母はクロックムッシュのランチ

ここは犬山の「カーレ」
階段を上らないといただけないので年寄の母は手を階段について上りました…
知っていたら連れて行っていませんでしたが、その甲斐あって
「美味しいね、美味しいね、ホントに美味しいね
と言って一生懸命食べていました。
それでも多すぎるのでお持ち帰りとなりました

外食でこれほどの野菜を頂けること自体が珍しいこと。
有難い、有難い。
いつまでもこのまま続いてもらいたいです
ご馳走様でした。



ヒトの寿命を左右する・酵素
星崎 東明
ヘルス研究所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大島屋

2015年10月29日 | グルメ
先日、TVで紹介していた地元の和菓子
行ってみました。食べてみました。


美濃焼の器に入った栗きんとんときんつば。
もう、上品なきんつばに栗がマッチしまして甘くなく凄い和菓子です。
そして「抹茶クリーム大福」

ふわふわとろとろでびっくりするような柔らかさでした。
凄いです。こんなに近くにこんなに手作りの職人の技のお菓子があったなんて…
灯台下暗しってこういうことをいうんでしょうね。

なんか幸せな気分のお菓子でしたよ~


健康だから美味しんです

健康食は犬好食


キレイをつくる酵素レシピ
鶴見 隆史
永岡書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎度のこころです

2015年10月28日 | ペット

はい投げて

と新しくなった「アンパン」をムリくりこちらに渡します…

もっとだよ

コーギには見えないな、これは…
愛らしいこやつでございます

月末になり、そわそわとざわつく空気となってきました。
十五夜の月はきれいでしたね。雲が覆いどことなく哀愁を漂わせた晩秋の月でした。

ちょっと落ち着いてきて、今度は自身の事をしなければなりません。
決算もあるし、次の波が押し寄せてまいります。。

この急な温度変化で風邪を引いている人が思いのほかいるようです。
これから冬到来となるといろいろな体調不良がでてくるでしょう。
気をつけて過ごしましょう

健康食は犬好食



「酵素」がつくる腸免疫力
鶴見 隆史
大和書房
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通常に

2015年10月27日 | ペット
一応のイベントが私の中でだけ終了し、なんとか通常の状態に戻りつつある
この頃でございます。

こやつにも迷惑をかけ、最近ストライキでございました

それでもなんとか…

いいわぁ

という事でホッとしている飼い主でございます。

なんの変哲もない日常の大切さをこの年になってひしひしと感じている私は
遅かったけど、わかってよかったなと思えるのです。
ただ、だからといって何かすることをやめるということではありません。

虎視眈々とこの日常の中で一発逆転を狙っているわたしでございます

独り言

G1戦線が続いている秋の競馬

秋華賞は見事に的中でも小銭
よしと思い買い込むと…
菊は外れ
それでも勝った馬券に3頭はいる…
よ~し、天皇賞だ
と意気込む私でございます…

どなたか、万馬券情報をこそっと教えてくださいまし…
私の腕では当たりません
ふとバルクは生きているのだろうかと思ってしまったりします…

菊を制した「キタサンブラック」
サブちゃん、感無量だったろうと想像できますよ。
本当に鞍上と馬と調教師の三拍子そろわないと勝てません。
更に、展開という綾も味方につけて初めて勝てる3000mという距離。
馬もさることながら、勝つ時必ず馬と鞍上の精神状態の充実がありますよね。
今回の北村騎手のリードは凄いの一言です。
次々と馬が入れ替わり立ち代わり、前がそわそわとバタバタと変わって
仕掛けられて普通なら恐らくテンのりなら焦っていたと思います。

それを見事にジ~~~っと我慢してうちに突っ込み、更に埒沿いが無理と
判断するやいなや馬の間をこじ開けて抜けてくる
冷静なんてもんじゃない
凄い瞬時の判断力でそれが吉とでた。
ず~~~っと同じ仔に跨った結果がそうさせたんでしょう。
おめでとうございます
積み重ねが結果を招く
そういう風潮がなくなっている世間の中、とっても心温まるドラマを見せてもらって
幸せでした。
なんでもそうだと思います。
最後にひとこと
男、藤田もそれがなくなって淋しかったんだろうとちょっとだけ思ったりしてます。
引退してしまったけど、職人ジョッキーでしたね。

今度は大枚、稼ぐぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加