健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

様子が、、

2015年08月31日 | ペット
気が重いけれど、行かざるを得ず…夕食の弁当を三人分作って帰ってみると…
案外空気が軽くてどうしたかなって感じでした
雨の間の曇りって感じだったので、こころの散歩へ出かけました。

ほとほと水が好きみたい
というか、暑いんだろうと思うのですが、わざと水たまりの道を選ぶ…
そう、
選ぶ訳です。こころが。
かわったやっちゃなぁ~
と思いつつ、家の空気が重いのでこころもここで発散とばかりに発散中…

そして、帰宅後、戦いが開始

仲間なの


…そうかなぁ…


多少、納得ができないけれど、そうなのかなぁと思い始めたところ。。
まだまだ群れにはいれてもらえそうにない「ルンバちゃん」
喧嘩しようと思って向かっていくこころに無抵抗なのが、???の原因らしい…

それでもね、こころ。ルンバは仲間なんだよ。早く認めてちょうだいね。
とお願いする飼い主なのでした。


独り言

驚きの展開が待っていました。
嬉しい想定外の事ですが、、
こころが散歩から帰ると鬱に入っているはずの母が、こころに「おかえり」というのです。。
その後、ルンバをして少し落ち着いてから食べないかもしれないなと思って持って行った夕食を
食べてくれました。
それから話だし、
「こころが私のところに来てくれたのよ」
というではありませんか
良く聞いてみると、
大好きなぶち切れ父ちゃんがいるのに、私のところにきた。
という事でそれが嬉しかったらしいのです。
こころの中での大好きな順位は
一番がぶち切れ父ちゃんで、自分はこころに嫌われていると思い込んでいますから、
その、一番大好きなぶち切れ父ちゃんがいるのにもかかわらず、自分のところにきた、
という事が母を元気にしてくれたようです。

帰るとき、いつもこころに

こころ、お家、お願いね。

とお願いして帰るのですが、
さすが、こころちゃん
さりげなくわかってくれてたんだね。
ありがとう。
ホッとしました。

と、飼い主はおバカなものでそう思うのであります

たまたまの事で鬱から出たとは言い切れませんから、もう少し観察することにしようと思っています。

8月も今日で終わりですね。
時の流れは無情ですが、これ以上平等な物はないと痛感させられます。。


かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食 (宝島社文庫)
須崎 恭彦
宝島社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突入

2015年08月30日 | ペット
毎度夏の恒例行事

こころは水に


思い込み母ちゃんは「鬱」に、

突入いたしましたでございます

こころは自力で脱出


母は、どうなるんでしょうね

こんな季節になりました…
ただ、危惧を抱くのは母は毎年こうなって毎年弱っていくのでこんなのんびりとしたことを言っていていいものか、
と思ったりしますが、聞く耳がないので、誰にも助けることができないのです…
一人の大人を助けるとはおこがましいのかもしれませんが、当たらず障らず、そのままにしておいてやろうとしか言えません。
ただ、「こころ」がいてくれることによって、かなりの生命力をもらっていることはまず確かなことかと思っています。

今までは、DEPRESSEDになるとそれまでに既に決まっていた予定をできるだけキャンセルしてきました。
今年はそうしないことにしました。
通常通り、普通にすることにしたのです。
ただ、母が当たり前のようにしていたぶち切れ父ちゃんの食事の用意はできる範囲ですることに。
夕食は作ることにしています。
1週間、食配を経験して父もあれは食べたくない様子なので、母とは違うけれどそれでも作ったご飯が良いに決まっていますから
食事担当をしています…どこまでできるのか、な、とも思うけど。。

そんなこんなで夏は我が家の状態を一歩一歩、終末へと誘う季節なのですよ
「朽ちる」という表現がぴったりしていて「老朽の途中」とでもいいましょうか、老朽化ではなくて「老朽果」って
いうのがぴったりかな…
時は無情に過ぎます。その中で感情の整理をしなければなりません。人は誰しもそれぞれに同じ経験をするのです。

ちょっと重い話でした。

有難いことに、「書く」という作業が「私」を少し楽にしてくれるのです。
できることはちゃんとします。それが人として、子としての与えられた「仕事」だと思うので。

健康に感謝です。

なにがなんでも、
健康食は犬好食



養老孟司の幸福論 - まち、ときどき森 (中公文庫)
養老 孟司
中央公論新社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この日は…

2015年08月29日 | ペット
しつけ直し第2日目…

多少は当然吠えますが、この日はこころが落ち着いていました。
ってことは飼い主が落ち着いていたということらしい…
してうるさいという表現はちょっとちがうかなという程度になりました。

近くに来ても無視できます。

ただ、スウィッチを触ると凄い勢いで吠えまくります…
なんでだろ
この原因がわからないので、しばらくは続くこととなると思いますが、あの電子音が相当嫌なのか、やきもちなのか…
ほんと、こころに聞いてみたい
いや、間違い。いつも聞いてますから、是非、

答えてもらいたい

不思議ちゃんです。人からすると。
きっとわんこからすると、
なんでそんなことするの
って言いたいのかなぁ…

独り言

そうこう戦いが始まった途端、思い込み母ちゃんの「鬱状態」が始まってしまいました
悪いことは重なるってこういうことですかね…
何があっても仕方のない状態をなんとか薄氷を渡るがごとく、ごまかしごまかし来ているわけですから、
どこかでほころびるのは時間の問題なのですが、今なの
って感じです…

しか~し、マイペースで切り抜けると決めてます
時間は24時間しかないんです。その中でどう生きるか、もうそれだけなので
しっかりと生きますよ
私を支えるのはこころとと健康食

健康食は犬好食
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こころとの戦い

2015年08月28日 | ペット

ちょっと前にもふれましたが、

ルンバをかけると気がふれたように吠えまくるこころ
自慢にはなりません…
あまりのうるささに一大決心をしました。

しつけなおします

それはそれは凄い勢いで襲い掛かるわがわんここころ
怖いのか、嫌いなのか、はたまたお友達と思っているのか全く分からないってのが飼い主の心境でして…

これを機にちょっとなり直しをしようと老老の母と共に決心をした次第です。
道のりはかなり厳しい様子ですが、諦めたら人の負け
そんなこと、許せません
気長にすることにしました。
9歳のコーギ対人間ババ2人
この対決の結末や、いかに…

な~んてどれくらい時間が必要なのかさえ未知数でわからないのですよ。
でも、このままではよろしくないという結論に人間側が達したのです。
期間なんてありませんぞ
敢えて言うなら

できるまで

が期限です…

こころの犬種コーギは妙に察しが良くて良くわかるんですよ、人側の事が。。
こちらが参るほどなのです。
根競べ
は間違いありません。想定内です。

という訳で、する事を増やしてしまっている私です…

パソコン教室、老老介護、家事、散歩、そして仕事…たまにゴルフ
あなた、何考えてますか
ですよね~。

全て、健康ならでは

健康食は犬好食

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真撮影だ

2015年08月27日 | ペット
バイオレゾナンスに必要な写真を撮るのですが…うまく撮れません…
面白くもあります。
全身でお願いします
というと、、


顔がありません…

えっ

てなもんで

いい加減にしてくれる…

で、お疲れおやつ

わんこにすれば、迷惑かもしれませんが、これが始まりで、体にメスをいれるのか、いれないのかってところの
分かれ道なのですぞ。

これくらい我慢するんだ
と言い含めているところでございます。


健康食は犬好食




Dr.須崎の愛犬のらくらく健康ごはん―はじめてでも大丈夫!手早く、かんたん手づくり食50レシピ
須崎 恭彦,武蔵 裕子
主婦と生活社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加