健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

137

2017年12月05日 | 健康
食物養生大全
鶴見 隆史
評言社


ぶち切れ父ちゃんが定期健診で医院へ
主治医は「主治医が見つかる診療所」など、数々のTV、本の出版といろいろと活動をされている
「物忘れ外来」の生みの親のようなかなりの有名医です。

専門医としての診察には定評があり、わがぶち切れ父ちゃんの「前頭葉性てんかん」は
この医師だったからこそ判明したと思っています。
それまでは「アルツハイマー型認知症」の診断だったんですから。

薬も変わり、怒りっぽかったのが治り、症状も落ち着いています。

そんな中、定期的に検査をしている血液検査で、

血糖値が137と出ました。  髙いやん

ところが、この医師はあまり問題視せず、大丈夫と言います。
薬も増えません。こんなに有難いことはまずないです。医師はすぐに薬、薬というのですから

その血糖値。

髙くなったら糖尿病です

糖尿病は血糖値が上がるとなります。
  
では、なぜ上がるのか
         膵臓の働きが悪くなるために、インスリンの分泌が減るためらしい。
  では、なぜ膵臓の働きが悪くなるのか…
         膵臓を働かせる栄養素、必要な物が足りていないから。
  では、その不足している物は何でしょう
         ずばり、「酵素」でしょう。  

  インスリンは体内で唯一の血糖値を下げるホルモンです。

         人の身体は危機の時、血糖値を上げるためのホルモンは4つあります。
         飢餓の想定はありますが、飽食の想定は人の身体の遺伝子には組み込まれていない
         らしい。ということ。

  「体内酵素」が不足して、膵臓が疲弊し、最後には機能しなくなり膵臓がんになる。

というルートが一般的です。従って、酵素を補給してやらないと、体は知らぬ間に病にむしばまれるのです。膵臓は最後まで痛いともかゆいともいいません。自覚した時には時既に遅し。そう言われています。

だからこそ、内臓君たちを休ませること。内臓君たちを労わってやる事。その働きを回復させてやること。そうしない限り、健康に年齢は重ねていけません。

私たちだって疲れたら休むでしょう。
そんなに当たり前の解り易い事を、なぜ誰も信じないのでしょう。

わが父「ぶち切れ父ちゃん」に説明しました。納得はしていました。
ただ、どこまで響いたのかはわかりません。

健康寿命を全うしていくためにはこうした努力が必要ですよ

 もう、この年になって老老二人とも長生きしてほしいとは言えません。
が、
 健康に逝ってほしい とは思っています。

そのために必要なことはしてほしいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内臓君の休暇

2017年12月04日 | 健康
食物養生大全
鶴見 隆史
評言社


日曜日、最近の食生活が重く、えいやっと決心して

プチ断食

しました。

食べないでいるとわかります。内臓君、特に胃腸が、疲れてるんだってことがわかります。

空腹感はありますよ。それでも胃腸のあたりの軽さは経験者はわかる。ってもの。

こんなに疲れてるんだ こんなに軽いなんて

休ませて

と言えない彼らをどう労わるか…

自分の身体なのに、その悲鳴を聞いてやれないとき、「病気」になります。

私は大丈夫

その都合の良い、根拠のない無責任な言葉はどこから出てくるの

この年末だからこそ、胃腸薬に頼らずに、自分でできるんだから休ませてやりましょう

内臓君たちは泣いて喜ぶのに。胃腸薬を飲むという事は内臓君たちはますます働いているんですよ。
ただ、通常の消化という作業をしていないだけ。

内臓君たちの悲鳴を聞いてやってもらいたい

そんなに酷使したら、もう働けないよって、訴えてるんです。

少しの空腹くらい我慢して、労わってください。自身の身体ではないですか。
自分のためです。

これこそが、真の意味での「労わり」です。

その方法を知っているか否かで未来の姿が代わりますよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Raw Honey

2017年11月24日 | 健康
食物養生大全
鶴見 隆史
評言社


先日の東京で久々に逢った知人から、ハワイのお土産を頂きました。
それは、お願いしていたものでもあります。



ムリな事をお願いしたなぁと思いつつ有難くいただきました。
  加えてよくよく見ると、なんと「made in Germany」と書いてあります…

オーガニックのローフードをお願いしたのですが、こんなことになったのであります。
って事は
認識の差はあれど、なかなか手に入らないってことですね。

周りに難病の人が思いのほかたくさんいることに気がつきました。

リウマチ性筋痛症、クローン病、膠原病、膵臓がん、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などなど…。

これらの難病は、西洋医学では「原因不明」と言われているようです。(確信はありませんが)

しかしながら、酵素栄養学的には原因も対処法も明確にあるとされていて、現実に完治された方々が我々の仲間にいるのです。この現実を見ると、何がわかるかというと、

食べるものが体を作る。食べるものが病気を作る。食べるものが健康を保つ。

と、いうことですよね。

それを伝えようとすると、これがなかなか大変な事となります
「良かれ」と思っている食事を見直そう、というならまだしもひどい場合は否定することも必要になります。それでもそんな人たちはとっても多くて別に特別ではありません。
それこそがこの国の国民がこの先に待ち構えている生活習慣病の蔓延へと向かう予兆となるのです。
そう思うのはこちらで、その対象者たちは全くそんな事、思ってもいないっていうのが現実。

本当に不安に思っているのでしたら是非相談してください。
何をお伝えすれば多少は変わるのか、暗中模索のところも正直あります。
元気に生き抜く仲間が、たくさん増えることが一つの望みですよ~





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心も身体もデトックス

2017年11月23日 | 健康
酵素風呂を知っていますか?―元気と健康を呼ぶ!
岡崎 保
グリーンプレス


わが仕事、なんと日曜日まで、依頼の分はなし。自身で作る分はあり。
ッテな事でマイペースで進んでいます

もともとマイペースな奴ですが、最近年も相まって年々「マイペース」というよりは
「わがまま」かもしれません…

そんな中に、セミナーの友人がメールをくれました。
ドンぴしゃビンゴって感じでこころが逝ってからやっと少しだけ心をリリースすることが
できたように涙があふれてきました。
ありがとうございます
    その時、わかりました。
       彼女は私よりも辛い思いをしたから彼女の言葉は心に沁み渡ったんだと。
だからこそ、涙が溢れて心が少し楽になれたんだと、そうわかりました。

人の言葉は不思議ですね。裏付けのある言葉かどうか、人はわかるのですから。

彼女と会ったのは鶴見先生のセミナーでしたが、今回の戦利品の一部。
勿論購入しましたが、


なんだか、カラフルで美味しそうです。。
嬉しくてついつい買ってしまいました。

そんなこんなで母を酵素風呂に連れて行けずにいて久々に

すると、どうでしょう
  体がだるくてだるくて、起きていられなくてさっさと寝てしまいました。
爆睡でした

お蔭さまでスッキリと疲れも冷えもとれ、快適、元気、になりました。
ありがたや、ありがたや。

こうやってケアしながら過ごすことが大切ですね。
心の安らぎもあって特別すっきりしたのかもしれません。

一日フル活動で生き抜きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顔の整体

2017年11月16日 | 健康
いつもの整体へ行ってきました。

この日は、頸椎と右の顎関節を治してもらいました。

右の下の奥歯の詰め物がとれてセラミックスで治すことになっていましたが
3週間経って、やっとこの日入りました。

歯が1本トラブルがあるだけで消化不良になるし、食べ物はあまりよく咀嚼できないし、
あごは偏って疲れるし、顔が歪んでくるようだし。
いい事が何もありません。

やっと歯が整ったので顔の整体をしてもらいたくて行ってきました。
以前から右の顎が固くなって三半規管が働いているのかどうかってくらいちょっと平衡感覚が
怪しい…

すると、右の耳に変化が
かさかさと妙な感覚があり、顎が動きます。しばらくして収まりましたが、機能しだしたと
感じます。
そして、もう一つ。

ほほの骨を整えてもらい顔の歪みが修正され、顔相が良くなりました。

実は顔コルギも、少し顔の整斉を期待していましたが、整体でやってもらった方が
実感が伴いました。
嬉しいです

顔つきも大切な印象です。
なるべくバランスの取れた表情の取れる方が筋肉にも、骨格にも、そして相手になる人にも
良いのではないかな、と思うところです。

さぁ、今年の後半の仕事に突入します。
マイペースでいけるよう動きますよ。

年を重ねると身体のケアをしっかりしないと持ちません。
それは肉体の外部も内部も両方です。
内臓も肉体の一部。骨格も肉体の一部。それぞれの働きがちがいますからそれに合った形で
ケアする必要があります。

ほっておいて良くなることはありません。

自分自身の事はわかるようにしておくと付き合いやすいと思います。




食物養生大全
鶴見 隆史
評言社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加