ちょっと高松

こまりの「うどん県探訪記」と江戸在住記。

揚げぴっぴ(ごま味)

2012-07-31 | 食べもの

以前このブログでもご紹介した「揚げぴっぴ」。

さぬきうどんを素揚げしたお菓子で、これまであったのは塩味、甘味、しょうが味の3種類。

先日、久々に高松駅のKIOSKに行ったら、新しく「ごま味」が追加されていました

中はこんな感じです

見た目は「ごまかりんとう」と似てますよね。味もややあっさりした「ごまかりんとう」という感じです。

ゴマの風味が香ばしくて、とても美味しいですよでも、食べだすと止まらなくなるのでちょっとキケン

今週はこれがオリンピックTV観戦のおともです

 

昨日は夕方からの柔道に始まって、男子体操(団体)が終わるまでリアルタイムで見ていたので、かなり寝不足

(さすがに競泳までは起きていられなかった・・・

今日も見どころいっぱいなので、時間ができたら少し仮眠しようかな・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

土曜稽古

2012-07-30 | 空手

今回の土曜稽古は、いつもの体育館にて。

時間はいつもと違い、10~12時半の短縮版となりました(午後のフライトで夫が帰京するため)

朝から気温が30℃を超えるとても暑い日だったのですが、体育館に着くとこれまた暑い。

まず「床暖房でも入れた!?」と思う程、床が熱い!冬はあんなに冷たかったのに…。

それからこの稽古場は2Fにあるので、前日までの熱がこもっているんですよね。

1Fから階段を上がっていくと、どんどん暑くなっていく。

窓から入ってくる風も、午前中なのに既に熱風。前週よりも過酷な暑さのように感じました。

温湿度計を持参しなかったので、ケータイの温湿度計の表示を見てみると「温度36℃、湿度78%」。

午前中からこうでしたので、通常の時間帯での稽古ではなくてよかったのかもしれません。

 

基本は普段通り行いましたが、時間がいつもより短いので、型は大極初段と岩鶴のみ。

こまめに休憩を入れて水分補給はきっちり行いました。でも稽古全体で見ると、やはり時間が足りなかったです。

ただ、とにかく暑かったので、もし時間が長かったとしても、思うようには動けなかったかもしれません。

こう暑いとやはり稽古は日没後の方がいいのかもしれませんね(昔、琉球の空手家たちがそうしたように…)

 

稽古後、車に戻ったらこの表示。

駐車場には日陰がなかったですが、それにしても40℃超えとは驚きです。

この後は温泉へ。と言っても、私はシャワー程度にすませ、サウナのそばにあった水風呂へ。

この水風呂、びっくりするほど冷たいんですよ。氷水みたいな温度。なのでアイシングには最適です。

膝から下を水に入れて、しっかり足を冷やしてきました(特に右足)。

温泉からあがった後は、休憩所で「冷やしうどん」

うどん店のうどんじゃないから、やわらかいうどんとか出てきちゃうんだろうな、と思ったら違いました。

こういうところのうどんでも、ちゃんとコシがある(たぶん冷凍麺だけど…)

私にはちょっと麺が固めだったので、温かいかけで食べた方がよかったかな。

食後のデザートは、この間の日曜に続いて、またまたあのジェラート&ソフトクリームのお店へ

今回は、トロピカルヨーグルト、メロン、イチゴミルクのトリプルです

この後、夫の(シースルー、またの名を「びしょびしょ」)道着を引き取り、高松空港で夫を見送って、私だけ帰宅。

そして、夕方から夜更けまでオリンピックTV観戦でした

この日、そして昨日と、1回戦から柔道の試合を見ていました。

以前から国際大会などを見て感じてはいたんですが、今回もやはり見ていて違和感がありました。

空手と同じく、柔道も「礼に始まり礼に終わる」はず。

でもこの「礼に終わる」の前に、感情をあらわにする選手が多いんですよね。

大舞台でベストを尽くし結果を出せたことに対して喜ぶのは当然だとは思います。でも、柔道は武道であるはず。

一本勝ちをおさめた選手が、直後に畳を走り回ったりとび跳ねたりするのを見ると、なんだかなぁ、と思ってしまいます。

もはや武道としての「柔道」ではなく、国際化された結果の、スポーツ競技としての"JUDO"と思うべきなんでしょうかね。

なので武道家らしい立ち居振る舞いの選手を見ると、国に関係なくその選手を応援したい気持ちになります

今週は柔道が続くので夕方からTV観戦の日々が続きます。寝不足になりがちなので、熱中症に気をつけなければ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バリィさん、再び・・・

2012-07-29 | 食べもの

今治のお土産に「バリィふぃーゆ」をもらいました

バリィさんは愛媛県は今治のゆるキャラ。(このブログでご紹介したバリィさん&今治のお話はこちらをご覧下さい。)

私のケータイのマチキャラ(※)も、このバリィさんなんですよ動くバリィさんは、なおかわいい

(※マチキャラ:ドコモのケータイで待受画面などの中を自由に動き回るキャラクター)

包装紙には「えひめ今治スイーツコンテスト」のグランプリ受賞作品と書かれていました。

包装紙をとったら、箱にもバリィさん

そして、パッケージにもバリィさん

このお菓子は、はったい粉を混ぜこんだホワイトチョコのクリームをパイ生地でサンドしたもの。

はったい粉(大麦を炒ってひいた粉)をホワイトチョコと合わせるとは、面白いですね~。

サクサクのパイ生地とクリームがとても美味しくて、あっという間に食べてしまいました

今治で見かけたら、是非お試しを

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

うどん県に「てぶくろ市」

2012-07-28 | ニュース

以前、うどん県に骨付鳥市というお話をこのブログでご紹介しましたが。

今日は「てぶくろ市」のお話です。

手袋の出荷額が日本一、全国シェア90%という香川県東かがわ市

今月12日、東かがわ市の商工会等が市に対して「てぶくろ市改名要望書」を提出しました。

日本一の手袋産地の知名度アップを図るのが狙いだそうです。

そして、こんなプロモーションビデオも作られました

すごいですね~これ素人っぽさが、またよろし

ちなみにご存じの方も多いと思いますが、もとになっているのはこちらの「うどん県」のプロモーションビデオです。

比較して見てみると面白いですね

ちなみに、以前このブログでご紹介したお醤油の蔵元さんも東かがわ市にあります。

骨付鳥市(丸亀市)の他、伊吹島のイリコで有名な観音寺市が「いりこだ市」になんて話もあったりして。

これからますます面白くなりそうなうどん県です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

源内うなぎ

2012-07-27 | 食べもの

今日は土用の丑の日。

ランチに鰻を食べたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

昨日に引き続き今日も気温が35℃以上の猛暑日という予報の高松

せめて気温が上がりきらないうちにと、鰻を求めて開店に合わせデパートへ行ってきました。

なぜデパートに行ったかというと、昨日そのデパートの新聞折り込みチラシで「源内うなぎ」を見たからです。

 

(以下、チラシの説明書きより)

香川県さぬき市産「源内うなぎ」

綾川や鴨部川より稚魚を採り、成鰻まで所有の池で育て上げた生粋の香川県産うなぎです。

2~3年の年月をかけて露地養殖にて育てられたこのうなぎは、身質もよくしまり、脂がのりとても美味です。

 

これは一度食べてみないとね

ところで土用の丑の日が近づくと、「平賀源内が発案した」という説を耳にすることがあると思います(諸説ありますが)。

この源内さん、実は讃岐国寒川郡志度浦(現在の香川県さぬき市志度)で生まれ育った方なんですよ。

なので、さぬき市産のうなぎが「源内うなぎ」という名になるのも納得です

ちなみにさぬき市には、自然薯、桐下駄、牡蠣、ワインなどの特産品があります。

(以前このブログでご紹介したさぬき市にあるさぬきワイナリーのお話も併せてご覧下さい。)

 

デパートの売り場へ行ったら、源内うなぎだけでなく、浜名湖産や四万十産の鰻も置いてあったんですけどね。

塗りの箱に並べられて売られて源内うなぎが、他のどれよりも美味しそうに見えたんですよ~。

一番いいお値段でもあったんですが、香川県にいるからこそ食べられる品という気もするので、今回は源内うなぎにしました。

こちらがその「源内うなぎ」の蒲焼

 

「まんでがん(※)」香川県産だそうです。

※まんでがん・・・讃岐弁で「全部、すべて、めいっぱい」という意味です。

まんでがん=まんで(残らず全部)+がん(ほど、だけ)

使用例:「まんでがん食べる」=全部食べる、「まんでがん寝る」=爆睡する、など。

 

というわけで、暑い中買いに行ったこの鰻は、今日の夫の晩ごはんになります。

夫のそう、夫のです。私、実は鰻が得意ではないんですよ~。

幼稚園の頃に鰻の骨がのどに刺さって、病院で取ってもらったことがありまして。

以来、鰻に限らず、小骨の多い魚類(ハモやアナゴなど)がちょっと苦手です。

今は食べられないこともないんですが、たいてい夫が食べているものを少しもらう程度。

なので、今日も夫のものを少しもらって食べてみようと思います

 

じゃあ私は今晩何を食べるのか、というと・・・・うし(牛)。

源内さんが鰻屋さんに「本日、丑の日」と店先に貼りだすことを勧めたのは、ある民間伝承からヒントを得たんだとか。

その伝承とは「丑の日に「う」の字がつくものを食べると夏負けしない」というもの。

「う」のつくものと言ったら、「うし」でしょ~(ここは「ぎゅう」とは読まないで

「う」なら「うどん」もありますが、ほぼ毎日食べてますからね。たまには違うもので

というわけで、私は「オリーブ牛」のもも肉を買ってきました

それで何を作るかというと「オリーブ牛のちらし寿司」

これは今月の「要の台所」のメニューなんですよね。


↑ 冒頭には例のうどん県パスポートも出てきますよ。是非見てくださいね

 

それにしても・・・暑い

暑いと思うから暑い・・・のかもしれませんが、でも暑いもんは暑いんですよね~

明日の稽古は幸い朝10時スタートなので、先週よりは暑さもまだマシかな、と思います(しかも、時間も1時間短いし)。

稽古後、夫は館長稽古のため東京へ私は月曜朝から讃岐かがり手まりの講座があるので、今回はお留守番

次のぶらり庵稽古を楽しみに、明日も高松でしっかり稽古したいと思います

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加