memory of caprice

浮世離れしたTOKYO女子の浮世の覚書。
気まぐれ更新。

行ってみたいミュージアム・カフェ

2016-10-18 16:15:43 | グルメ
グルメジャンルかアートジャンルか。

そういえば、行ってみたかったと思っていた島根県の足立美術館のカフェが紹介されていた。
島根県安来市古川町320
喫茶室「翠」からは米国の日本庭園専門誌で13年連続「庭園日本一」に選ばれているという枯山水庭を一望できる。
足立氏もかつて、喫茶室の手前から3番目のテーブルに腰を下ろし、一木一草の大きさ、形を頭の中に刻み込んで絶えず
理想のイメージを思い描いていたとか。
人気メニューの珈琲には専属の庭師が焼いた竹炭スプーンが添えられている。
かき混ぜると珈琲の香りがまろやかになるという。
絵画のような庭には松ぼっくり一つ落ちてはいない。
聞くと「7人の庭師が剪定で一つ一つ取り除きますが、除き損ねて地面に落ちた分は、毎朝開館前に職員総出で行う
清掃で取り除きます」とのこと。

身近な場所では
青山の根津美術館のNEZUCAFEの日本庭園の眺め、
広尾の山種美術館のCafe椿の老舗菓匠のオリジナル和菓子などに心惹かれる。

上野の国立科学博物館に足を向ける機会は多くはないが、恐竜やパンダにちなんだメニューがあるという。
思い浮かべるだけで楽しい気分になりますね。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城戸崎愛先生のニンジンサラダ | トップ | 卵一個の重さのスマホ充電器 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。