自然に育まれながら

           お花、野鳥、音楽、アート、旅行、の話題等。 母として子供達にもっと良い環境を残したいと願っています

あいちトリエンナーレ2016 ・2

2016年10月29日 | 文化・芸術

引き続き、「あいちトリエンナーレ2016 ・2」をお送りしてみましょう

上から見ますとピースが入っているように見えます

こうして全体を見ますと何も入っていませんね・・・

この女性の像は、ひび割れたように造られているのだそうです

しかもこの木だと思っていた物も、木のように見せるように創られた物と聞き驚きました!

そう言われてもやっぱり木にしか見えませんよね・・

新聞で出来ている椅子のように見えますが、近くにある椅子は実際に座ってみられました

大巻伸嗣(岐阜県) 

一辺が15m以上ある空間を花模様で埋め尽くす(EchoesーInfinity)

微細な鉱石の粉末でかたどられた花の形が時間とともに変化していく

前日ホセが観に行った時までは、直接踏まれないように歩く道が上に出来ていたそうです

この日から直接私たちは絨毯の上のように普通に歩いて観ることが出来ました

これは携帯のパノラマ写真です

最終日にはこの模様にもかなりの変化がもたらされたと思います(23日の様子は観ていません)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« あいちトリエンナーレ2016 ・1 | トップ | レッド・フラミンゴ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つちや)
2016-10-30 06:00:55
お早うございます
あいちトリエンナーレ2016を↓から見せて貰いました。
芸術にも見方考え方等々いろいろあるものですね。
広い床の上に花模を描くのは大変な作業では?
観たことがなく、初めて聞くトリエンナーレです。
冥途の土産に ・・・・。(笑)
難しい (アラック)
2016-10-30 08:05:58
おはようございます、アラックです。
いろいろご心配を有り難うございます、今は頑張って
歩いています、昨日は23km歩きました。
ただ、お医者さんからは激しい運動は禁止されていますが、アラック走っていませんからね。
頭が回らないアラック、こういう芸術は分からないんです、
悩んでしまうんです、御免なさいね。
創るのは大変だと思います。
広大な床の花、これは大丈夫ですがね。
素通りも (maria)
2016-10-30 09:04:02
>つちやさん

おはようございます。
トリエンナーレをご覧いただきコメントもありがとうございます。
本当に理解に苦しむような物も有りますよね・・・
そんなときは作家さんには申し訳ないのですが、私は素通りしてしまいます。
人それぞれ反応するところも違うのでしょうね。
それがまた面白いところじゃないでしょうか
23kmは歩き過ぎ? (maria)
2016-10-30 09:16:38
>アラックさん

おはようございます。
その後体調は落ち着いてきましたか?
それにしても今23km歩くのは歩きすぎではありませんか?
無理は禁物です。体力の回復はゆっくりにして下さい。

トリエンナーレをご覧いただきコメントもありがとうございます。
芸術を観る人の自由で良いですよね。
私も今回はこのお花が目的でした

コメントを投稿