マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

金の精錬と人の陶冶。 そして 『そうすれば必ず報われる。』

2017-02-22 03:34:39 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

『金の精錬』

      金は    『1064度(金の融点)のかまど』  で精錬されるのです。

質の良い金にするために、採掘したままの粗金属から不純物を取り除き、純度を高めねばなりません。

 
同様に。

    『人の心の精錬』
    
    修行僧の方々と登った  『大峰山』         4年前。

     私の心は、足がすくむ修験道で、精錬されたのでしょうか?

 
今日は2月21日。年間第七火曜日。
  『今日の第一朗読。 心の精錬』

     『子よ、自らを試練に向けて備えよ。
心を引き締めて耐え忍べ。災難の時にも、取り乱すな。身にふりかかる艱難は、すべて感受せよ。

     たとえ屈辱を受けても、我慢せよ。

   金は火で精錬され、人は屈辱のかまどで陶冶され、神に受け入れられる。』
 
        人は    『屈辱のかまど』  で精錬されるのです。

良質な人間になるためには、自己中心な考えから自己を取り除き、純度を高めねばなりません。

           屈辱を耐え忍ぶ。屈辱を我慢する。
            それは。
       人にとって、人格無視の、一番耐え難い苦しみであろう。

しかし。
神は言われるのです。

   『金は火で精錬され、人は屈辱のかまどで陶冶され、神に受け入れられる。』 

同時に。
神は励まして下さるのです。


『主を信頼せよ。そうすれば必ず助けて下さる。憐れんで下さる。そうすれば必ず報われる。』
                                                   シラ書 2章1-11

      今日は、厳しい『神の御言葉』でした。
      すべては、自らを試練に向けて備えるためです。頑張りましょう!

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
人格者でありたい。人格者になりたい。 人の『最終目的』です。
人格者の養成期間である『人生』は、見えない『かまど』で焼かれる期間でもあるのですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書について…その③ 祈りっ... | トップ | 心のいやし・・・お食後。 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。