マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

賞味期限は半年間・・・『誕生日プレゼント』 そして 『新しい掟・・・互いに愛し合いなさい。』

2017-06-15 04:30:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

孫達の誕生日。
毎年、孫達が喜ぶ顔を思って、あれこれと考えて、『誕生日プレゼント』をする。

   5日前は、孫息子の8歳の誕生日でした。
   二年生の男の子は、何を喜ぶだろうか? 分からない。なかなかの難問です。

  悩んだ結果・・・ 賞味 有効期限付き 何でも買える券』   

        『欲しいものがなんでも買ってもらえる券』
          発効日   2017年6月10日
          有効期限  発効日より6か月
          発券者   神戸のじいじ と ばあば

      『新企画プレゼント』が、なかなか受けた。喜ばれた。
「今欲しい物はあるけどな~。 でも、先に、もっと欲しい物が出てくるかもしれないしな。」

   贈り主の租父母の代わりに、御当人の孫息子が悩んでいる。 楽しんでいます。
                          じいじとばあばの責任転化でもあります。ごめんなさい

そして。

今日は6月15日、年間第十木曜日。

    『今日のアレルヤ唱 イエスの御言葉』

      『あなたがたに新しい掟を与える。
互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。』
                                                           ヨハネ福音書 13-34

             ィエスは、この世での終わりが来たことが分かった時、
              『最後の晩餐』の席をもうけました。

                                     レオナルド・ダ・ヴィンチ作品

その席で・・・

まず。   弟子たちの足を洗いました。

    「主であり、師であるわたしがあなた方の足を洗ったのだから、
       あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。
 わたしがあなたがたにしたとおりに、あなた方もするようにと、模範を示したのである」
                                             と話されました。

次に。 イエスを裏切る弟子・ユダに、「しようとしていることを、今すぐ、しなさい」と。
そして。       ユダが出て行くと、死を覚悟して、イエスは言われました。

     「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。」
       
「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」

                             以上。ヨハネ福音書 13章21-35節

        イエスは、死を覚悟した席で・・・
   互いに愛し合う『模範』を示されたました。 『遺言』を遺されたのです。
 

 『あなたがたも、私がしたように、互いの足を洗い合いなさい。』

       足を洗うということは、相手の僕になるということです。


     『互いに愛し合う』
どんな人をも =いじわるされても、喧嘩をしていても= 膝をかがめて、頭を下げて、愛さなければならないのです。
  難しいことですね。 
     でも・・・愛された経験があれば、”私だって!”と、できるはずです。

       愛されるために・・・まず、愛しましょう! 今日も頑張りましょう!

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
梅雨なのに、天気の続く神戸です。 御当地はいかがですか? 今日も楽しくまいりましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不調からの復活。 そして ... | トップ | 人間であることは何を意味す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。