マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

『To be or not to be。』・・・新幹線かバスか? そして 『滅びに通じる道か、命に通じる道か?』

2017-06-27 21:42:26 | 旅行。海外旅行。

     『To be or not to be that is a question !』

            『復讐を すべきかすべきでないか』
 
   『苦悩を抱え生きていく方がいいのか、死を選ぶ方がいいのか』

            ハムレットのジレンマです。

そして。

『To be or not to be。』

      明後日・木曜日、朝8時から丸一日だけ、東京で過ごす私。
     
      新幹線利用なら・・・・前日・水曜日は、家を昼には出て、東京のホテルに宿泊です。
     夜行バス利用なら・・・前夜・水曜日は、家を夜9時半出発、バスに宿泊です。

           『新幹線 or 夜行バス?』 
             私のジレンマです。

       私の場合の『ジレンマ』は、決め手が二つ、即解決です。
 
 値段。 新幹線利用経費:運賃(30200)+ホテル(10000円)=40200円也。
       夜行バス利用経費:往復運賃(9000)+バス泊(無料)=9000円也。 両者の差額は31200円也。

 時間の有効利用。 新幹線利用の場合:水曜日の昼食後から、夫の留守番が始まる。
              夜行バス利用の場合:水曜日夕食をゆっくり夫と一緒に食べてから、出発出来る。  
  

   夫は、新幹線が楽でいいよ、僕は新幹線以外は考えられないね、と言う。
   私は、夜行バスが気にならないので、夫と長く一緒がいいし、日帰り旅なので安いバスで十分です。
                                 浮いた差額金で、御当地・超グルメを!といきたい

 
そして。
 
今日は6月27日。年間第十二火曜日。
 
     『今日の福音 イエスの御言葉』
  
                       『あなたは、左右 どちらの道を選ぶのか?』 
 
         『To be or not to be。 どうしますか?』

             『イエスは弟子たちに言われた。
     人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。

     滅びに通じる門は広く、その道は広々として、そこから入る者が多い。
         命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。
                               マタイ福音書 7章12-14節
 

    
人は、お人にしてもらいたいことが、一杯あります。
    ところが。
   人は、お人がしてほしいことを、お人にして差し上げることは、苦手です。 知らぬ顔です。
 
   でも。
   イエスは、『人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。』 と 『命令』です。
 
 
  命令が実行できる人は、非常な困難が伴う『細い道』だけど、『命に通じる道] を歩くことなのです。
 命令が実行できない人は、歩きやすく楽楽な『広い道』だけど、行先は、『滅びに通じる道』 を歩いているのです。
 
     私たちは、日夜問われているのです。
     『To be or not to be。』 『どちらの道を選びますか? 命の道 or 滅びの道?』 と。
 
皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
日夜答えてまいりましょう。 「私は困難が伴っても、命に通じる『細い道・隣人愛の道』を選びます!」と。

*********

5時。 1か月前の大台ケ原でのトレイルラン以来の足の筋肉痛が、やっと治ってきました。有難や!有難や!12㎞。

6月の運動: ランニング 63㎞  階段上り下り 0回
  登山 1回
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『まずは、仲直り』 そして... | トップ | 『The 東京』・・・我が故郷... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (孫の母)
2017-06-28 10:30:04
えっと、ご当地グルメでなくても、孫へのお小遣いでも、大歓迎ですよ!!!(笑)
Unknown (孫の祖母)
2017-06-30 16:45:57
孫へのお小遣いどころか・・・御当地グルメの御馳走も出来ませんでしたね。 かえって御馳走さまになりました。
次回・・・時間がある時に『御当地グルメ』といきましょう。楽しみにしていて下さいね。

コメントを投稿

旅行。海外旅行。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。