マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

『終戦記念日特別講演 戦争の思い出、証言』 そして 『人々は、座って、良いものと悪いものをより分ける。』

2017-08-03 05:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

 終戦記念日が近づいてきました。

昨年・2016年5月27日。 米国大統領の初めての広島訪問。
 
『歴史的瞬間』
に感動した日でした。まだ記憶に新しい。

今朝。
ランニング途中で、いつものように、プロテスタント教会の『今週の一言』をチェックしました。
今週は、『一言』ではなく、『特別講演会案内』 が掲げられていた。

  『8月6日 終戦記念日特別講演 戦争の思い出、証言』 講演者のお名前は記憶しませんでした。

そこで。
走りながら・・・いろいろ思い出し、いろいろ考えました。

まず。
思い出したのは・・・

2009年4月5日。チェコ共和国の首都プラハにて。
アメリカ合衆国大統領オバマが、核廃絶へ具体的な目標を示した『プラハ演説』発表。

『プラハ演説』 
オバマ大統領は、
「世界で唯一核兵器を使用した経験のあるアメリカは、先頭に立って核兵器のない世界の平和と安定を追求する義務を負っている」と決意表明。
その後。
「核兵器なき世界」を目指すとオバマ氏が宣言したのと相まって・・・核軍縮・廃絶への機運が世界に高まった。

 

そこで。
2014年2月米ロ両国間で、『戦略兵器削減条約』 発効。
2017年3月核兵器を法的に禁止する核兵器禁止条約の制定を目指す初の交渉会議が、国連本部で始まる。

しかし。現状は。

「核なき世界」の理想に向け・・・
メキシコなど非核保有国を中心に110カ国以上が賛同。
「核能力の強化」を訴えるトランプ米政権や、他の核保有国は、交渉を拒否。
唯一の戦争被爆国である日本は、安陪政権の元、『核兵器禁止条約反対の立場を表明した

          写真・図版

皆様!
ここまでの実情を、いかがお考えですか?

そして。

今日は8月3日。年間第十七木曜日。

  『今日の福音 イエスの言葉』

『そのとき、イエスは人々に言われた。

「天の国は次のようにたとえられる。
網が湖に投げ降ろされ、いろいろな魚を集める。
網がいっぱいになると、人々は岸に引き上げ、座って、良いものは器に入れ、悪いものは投げ捨てる。
世の終わりにもそうなる。
天使たちが来て、正しい人々の中にいる悪い者どもをより分け、燃え盛る炉の中に投げ込むのである。」』
       マタイ福音書 13章47-53節

今日のイエスは、
誰の目にも悪い人であっても、その人を裁くことなく『神の国の完成』の時まで辛抱強く、回心を待つように。
   ・・・と言われるのです。

私達自身にも、いつまでも待って下さり、回心ができるきっかけが与えられているのです。
  ・・・ということです。 感謝いたしましょう。

この世の中には、必ず、良い人と悪い人が一緒にいます。
しかし、
”どうして?”と思うほどに、神はすぐ裁くことはしません。
悪い人が回心することを、神は待っておられるのです。 神の国の働きは、人々の回心を待つことです。
 
   人を裁くのは、唯一、神がなさることなのです。
神は、魚を獲った魚を、海の上で良い魚と悪い魚に分けるのではなく、家に持ち帰り、座って、選り分けるのです。
 
私達も、お人の行動を見ただけで裁くことなく、
互いに信頼し合って、時をかけて、『良いもの』を見出すように、ゆとりを持ってまいりましょう。
 
皆様!
御訪問に感謝申し上げます。
お人の見える部分は氷山に一角です。 真実が現れるのを、ゆとりを持って、待ちましょう。

*********
8月3日。今日の走距離 12Km

4時。起床。いつものように、体のストレッチ運動の開始。
腕のストレッチ:化学ぞうきんで家中のほこり掃除 & きれいに家中の品物を定位置に戻す 
②足のストレッチ:アキレスけんを伸ばしながら家中の板床の拭き掃除。
5時。ランニングの開始。 
私にとって、単調でつらいラン練習は ③心のストレッチでもあります。 

  8月の運動: ランニング 12㎞  階段上り下り 0回
  登山 0回

コメント
この記事をはてなブックマークに追加