社会復帰を目指して  クリスチャンのつぶやき日記  躁うつ病・高血圧・変形性ひざ関節症の病と格闘しています(*^_^*)

私はカトリックのクリスチャンです。キリストの目線で日々の津々浦々を愚痴ったり、感謝したりを綴っていけたらと思います。

腰痛で分かる健康のありがたみ

2017-04-20 03:20:04 | 病気

 昨日、本当は父を病院へ車で連れて行かなければいけませんでした。しかし、いつもと違う腰の痛み。祈りながら風呂に入り、朝ご飯は何も作る気がせずアイスクリームで済ませました。私は人間が出来ていないので、痛みで不機嫌になり、父にあたってしまいました。「本当はつらいんだよ。」とつい本音を言ってしまったのです。けれど81歳の高齢の父を一人で行かせるわけにはいかないという変な使命感が、私を突き動かしました。父は、『一緒に行ってやる・・・じゃなくて、一緒に行くだろう!!』と大憤慨。当たり前ですよね。そんな事分かっていながら、痛みで泣きそうになっていた私は、カチン!父は余りにも憤慨して私に殴りかかってきましたので、私も応戦して父のお尻をバシン!大喧嘩になってしまいました。しかし、だからと言って、父一人で行かせるわけにはいけません。涙をこらえて30分間、病院まで車を運転し、病院に到着しました。けれども私は自分の限界を感じていました。これ以上はお付き合い出来ない・・・そう思った私は、「やっぱり先に帰るね。御免なさい。帰り気を付けて帰ってね。」と言い残し、帰宅の途に着きました。

 それからは、腰が痛くて痛くてたまらず、何故、私だけがこんなめに会わなけれならないのだろうと涙を流しました。母が入院をして二週間。父の世話をしたくてたまらないのに出来ない強いもどかしさ。家周りのことも出来ず、常にベッドの中で痛みでウンウン唸っている状態は、私にとって本当に情けなく、精神的に不安定になり、いのちの電話に電話しました。電話に出た方は、『余り自分を責めないでね。』と慰めて下さいました。母に電話すると『車の中で待っていることは出来なかったの?』と言うのです。私もそれは考えましたが、やはり無理だと判断した旨を伝えると『ペトロは無責任だ。』と私を責めました。母は昔からそういう人です。悲しくなりましたが、いつものことだと涙をためながら、我慢しました。

 父は意気揚々と帰ってきました。ホッと安堵した私は、深い眠りの中へ・・・。二時間ほど寝たでしょうか。腰の痛みが先ほどよりも和らいでいるのを感じていました。

 さらに安静にしていると、少しずつ快方に向かっているのを感じました。今現在は、痛みはありますが、椅子に座ってブログを書くことが出来る程に快復しています。けれど、明日も父は病院へ行かなければなりません。母や妹や父と相談の上、行きは父一人で電車で行き、帰りは妹が連れ帰ってくれることになりました。本当に助かりました!明日も養生して、腰の痛みの緩和に努めたいと思います。神に感謝!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋の神秘 | トップ | 体重ショック(@_@。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
腰痛は辛いですよね (ひろっち)
2017-04-20 07:22:55
おはようございます。ペトロさん。ひろっちです。
腰痛は辛いですよね。私も腰痛を患っていて、整形外科で患部に熱を当ててリハビリをする毎日です。
医者からはストレッチするように言われています。
作業所で運動が出来るのですが、公園で運動が出来ない雨の日は中でストレッチをやったりしています。
ペトロさんもストレッチをやってみてはどうでしょうか?
ひろっち様 (イエズスのペトロ)
2017-04-20 09:26:48
いつもコメントありがとうございますm(__)m

ひろっちさんも腰痛もちですか・・・。お辛いですね。
通院している整形外科で、相談してみようと思います。
やっぱり運動は必要ですよね。
今日はまだ痛みがあるので、ゆっくり養生しようと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL