白隠和尚のブログ

今日より明日が幸せでありますように。好奇心旺盛な70代のブログ。

刈り取られない田圃

2016-10-25 08:34:05 | 日記



自宅前の稲田である。
黄金色の稲穂はしっかり実のり「頭を垂れている」という形容がピッタリだけど、
よくみると変だ。

他所の田圃は大分前に稲の刈り取りを終わっているのに、
この一画だけが刈り取りを待っているのだ。

そこで地元の事情通のやツさんに訳を聞いたら
「刈っても金にならんからほってあるのさ」と、
続けてこの稲は飼料用米だから刈り取りを急がないとも付け加えた。

私は驚いた、輸入米が飼料用に供される事は聞いていたが、
国産米が飼料用米とはしかも我が家の前で生産されていることを知ってショックである。

ここで再びやツさんが教えてくれた。

この田圃の主は今春急逝した。
そこで残された老いた奥さんは節税対策として田圃を代行農業者に委ねた。

今、地元では大半の農家が稲作を代行農業者に委託している、
委託する側も請け負う側も高齢者だし、
多数の注文を抱えているから、
我が家の前は飼料用米だし刈り取りが後回しにされているという。

理由は分かったが、私は飼料用米で農業を繋ぐという考え方にやりきれない気分だ。

我が地元では稲作を代行農業者に委託する人が増えている。
稲作を敬遠する一番の理由はやっぱり米価だと言われ、
ゴル友やツさんも畑は耕すが田圃は代行農業者に委託している。

近所の顔見知りは一様に田、畑を手放したいと言いつつも、
「買い手なんかいるもんか」と複雑な心情を吐露する。

見捨てられようとしている田圃も稲も可愛そうだ。

お わ り

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロバート・キャパ[時代の目... | トップ | "長 寿" を飽む »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
飼料米の生産・・ (sibuya)
2016-10-25 10:40:23
今日の北海道 昨日の吹雪から抜けるような青空が
広がって暖かい・・
そろそろ水田も雪に覆われますが 北海道各地でも
「飼料米」が生産されています。ニワトリや豚・牛などの
家畜の餌にするのだそうだ。 刈り取りは食用米から
少し遅れて刈り取りされる。収量は食用米は8~9俵
だが 飼料米は15俵以上の収量があるようだ。
減反政策を廃止する反面 飼料米が増えていくそうだ。
Re:飼料米の生産・・ (maria0022)
2016-10-25 15:51:16
理由はともかく人間とペットの食い物がおなじだなんて、私には許せません

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL