お菓子と日常あれこれ話 ~日々材料たちと共に~

札幌円山の小さな製菓材料店
「マルグリット」の情報案内ブログ
毎月のお菓子講習会情報 商品紹介
時々 将棋おやつ♪

5月のお菓子講習会のご案内♪

2015-03-31 10:10:00 | お菓子講習会情報
こんにちは♪マルグリットです!

お待たせいたしました、
5月のお菓子講習会情報発表です☆
今回のお菓子は、いつものベーシックなものとは少し離れた感じ。

名前にヘルシーとついているから
かえって期待出来ないかも~?
いえいえ、美味しく出来たものが
ヘルシーだった!と紹介したい
お菓子になりました♪♪

ぜひ、体験してください!


マルグリット5月のお菓子講習会
『ヘルシーNYブレッドを作ろう♪』
※オートミール、全粒粉、ヨーグルト、ドライフルーツ等々を入れた
簡単ブレッドです。
もちろん!美味しくて、作り方もむずかしくありません!時間の無いときの朝食に、おやつ、軽食にもどうぞ♪

日程は、
5/2(土)、8(金)、9(土)、10(日)
12(火)、14(木)、16(土)、17(日)
18(月)、19(火)、22(金)、23(土)
24(日)、25(月)、28(木)、30(土)
31(日)です。


※ 講習会は各日定員3名、
  開始時刻は午後1時半から、
  終了予定時刻は午後3時です。
エプロン、筆記用具をご用意ください。
※ 今月の講習会費は1800円(税込)です(材料費込み。試食、お持ち帰り有り)。
※ 講習会の申し込み受付は、4/2(木)10時より開始致します。
  お問い合わせ、お申し込みは
  お電話でお願い致します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
明日水曜日は定休日です!
お電話のお掛け間違えのないよう、
よろしくお願いいたします。
美味しい、楽しい、ひとときを♪


Marguerite マルグリット

 札幌市中央区南2条西26丁目2-37
ダイアパレス円山1F
Tel 011-633-7366
Fax 011-633-7367
  営業時間 10:00~18:30
   定休日 水曜日

この記事をはてなブックマークに追加

前に進め★進め★

2015-03-30 12:54:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

新しい週が明けました!
もう新年度ですよー、早い早い!
皆さんには、どんな新しい事が待っているのでしょうか♪

今日から始まった、
NHK の朝のドラマ『まれ』♪♪♪
皆さんも、今までのドラマも毎朝毎週楽しみに観ていたのでは(^-^)♪
新シリーズが始まれば、また期待が高まるというものです☆☆☆

日本中が注目している「朝ドラ」
新しく始まった『まれ』の舞台は、
能登半島の石川県、輪島。
ヒロインを演じるのは土屋太凰さん!
朝ドラファンにとっては既に
『花子とアン』でおなじみの彼女が
毎朝元気な姿を見せてくれます!

なんでも、父親の事業の失敗で
東京から石川県、輪島へやってきた
家族の長女が主人公の希(まれ)。
両親と弟との四人家族、初めてやって来た土地の輪島で、周りの人達と出会って、これからどんなドラマが待っているんでしょうか?

そしてなんといっても楽しみなのは
希がケーキ職人パティシエを目指す!
という話なのです!!!
技術指導には、石川県七尾市出身の辻口博啓さんが、全力あげての熱血技術指導を行っているようですよ~
「モンサンクレール」を始め数多くの店舗経営と、他店のプロデュース、和菓子洋菓子の垣根をこえて数々のスィーツを世に送り出しています。

希の成長と、製菓業界、パティシエの世界をどのように見せてくれるのか?
今からそれがとても楽しみです☆

私たちの周りには製菓、製パン業界で活躍している方たちが多くいらっしゃいますが、傍目で見るよりもずっと体力勝負の業界なんですよね(^_^;)皆さんガンバ!


夢を持つことに年齢は関係ありません
何か変化を待っているなら、
こっちから一歩を踏み出して
どんどん前へ進んで行きましょう♪


この記事をはてなブックマークに追加

北海道から見つかりました★

2015-03-29 16:37:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

春、旅行に行きたい!
何処かに行きたい~~!!
そんな気持ちになりませんか♪
なりません?
こういう仕事をしていると
長期の旅行は無理ですからねー
今年は商品買い付けに行ける事を
目指したいと思います!

なかなか旅行が出来ない代わりに、
私は旅行に行く身近な人に
いつも必ず頼む事がありました。

他にお土産はいらないから、現地で売られているパンを買ってきて欲しい!と。

その人はよくアジアから中東辺りを巡る事が多くて、その地域のお土産のパンは、ほとんど全部が平たいパン。
丸くて、両手で抱えるほどの大きさ、フォークか何かで生地に模様がつけられていて、食感はとても弾力があるものでした。

シルクロードで繋がる国々の、
街の広場や市場のあちこちで売られていたそのパンは、噛むごとに旨味が広がって、適度な塩味とゴマがついてたり、オイルがぬられていたり、とても美味しかったんですよ。

そうしたパンを何度か食べる機会があって、使っている小麦粉について色々考えたり調べたりしました。

さすがに品種も何もわからなかったですが、その土地で採れる小麦の粉を使っているという事、
地粉で作るからこそ出来るパンの形があるんだ!という事を理解できるようになりました。

今、日本で私たちが基準に考えてるパンの形は何でしょう。
フランスパン、フォカッチャ、
ベーグル、ナン、イギリスパン?

世界中で一番美味しいパンを食べているのは日本なんだよ、と
あるパン職人さんが話していました。
材料の品質、美味しい日本の水、
パン職人さん達の優れた技術に、
それを維持する意識の高さ。

私たちは恵まれているんですね。

今私たちは、オール北海道の材料で
パンを作ることが出来るようになったんですよ!

小麦粉、水、砂糖、塩、バター、
そしてパン酵母!
ニッテンというメーカーの商品で
「とかち野酵母」という北海道初の天然酵母があります。
エゾヤマザクラの実から見つかった酵母菌が、北海道で初めてのパン酵母商品となりました。

地元産の食材でパンを作りたいという帯広畜産大学と、北海道農業研究センターが一緒に探したなかで、奇跡的な能力を秘めた酵母がエゾヤマザクラの実から発見されたのです。

乾燥させて眠らせてる酵母を使うには
予備発酵が必要ですが、時間にして20分、使う分だけの用意です。
後は混ぜてこねて、通常のインスタントイーストと同時間で焼き上がりになります。

当店で扱うようになって4年目、
まだまだ宣伝不足ではありますが
確実にファンは増えています♪








この記事をはてなブックマークに追加

春の仲間♪♪

2015-03-28 15:07:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

あら~♪外から鳥たちのさえずりが
賑やかに聞こえてきますよ♪♪
けれど、声は聞こえども姿は見えず。
羽いっぱいに春の風を感じて、
どこへ飛んでいくのでしょうね~


昨日、ハルユタカ小麦の話をしたので
春つながりでもう1品種
紹介したいと思いまーす♪

ハルユタカにアメリカのパン用品種を交配して作られた小麦で、
平成12年ホクレン農業総合研究所の
育成品種「春よ恋(はるよこい)」

実はこれも希少な粉で
国内的にみても小麦は秋まき小麦がほとんどで、春まき小麦の生産量は、日本の小麦全体の生産量の1割にも達しません。

しかし、北海道の春蒔き小麦は
グルテン含量が多く、国内のパン用の小麦としては最高品質の
「硬質小麦」として評価されています。

当店で取り扱っている商品は
春よ恋を使ったブレンド粉
江別製粉の「香麦(こうむぎ)」です。

「はるゆたかブレンド」が、
元気のいい男の子の感じと言えば
「香麦」は器量よしの優しい女の子。

「香麦」の良さは
手捏ねをしても、機械捏ねでも、
水切れのいい捏ね上がりで
成型性も良いので、初めて道産粉でパンを使ってみようという方には、
先ずはこれ!とお勧めしています。

大型パン、小型パン、両方共に向いてるのでオールマイティー、
クラストは固くならず薄くやわらかで
クラムは歯切れ良く軽い味わい。
香りのどこかに、強い風味のハルユタカを思い出させてくれて
トーストする楽しみも増えます☆

焼きたても美味しいけれど、
数日経った後にトーストをして
サクッと食べた時に現れる香りや味、
香ばしさ、食感など新しい発見が
口のなかに溢れてくるでしょう!

いつもの定番小麦粉に
新しい仲間を増やしてみてください♪

(※参考資料
  道立中央農試 作物研究部
  畑作科HP 小麦品種カタログ)

この記事をはてなブックマークに追加

大きく育て!育て!

2015-03-27 13:20:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

春休みに入ってるんですね♪
朝の出勤途中、あちこちで子供たちが春らしい明るい服装で、楽しそうに話しながら出かける様子を見つけて、眺めてしまいました。
うーん、賑やかで羨ましい~!

北海道のパン用小麦の代表格といえば、
何を思い浮かぶでしょうか?
現在、道内各地で栽培される品種は
数種類ありますし、各々に個性があり、私たちは味や食感の違うパンを選んで作れるようになりました。

なかでも北海道産パン用小麦の
イメージと、人気を確立したのが、
「ハルユタカ」です!

1985年に道立北見農業試験場で
育成された品種で、その当時の国産麦では珍しかった高タンパクで製パン向きの国内初の強力系品種として注目を集めました。

しかし、その後消費者の需要増を受けながらも、栽培が難しく雨に弱く、穂発芽や赤カビ病に弱いハルユタカは、収穫量や品質を安定させる事が難しくなり、残念ながら生産量は減少していきました。

それから日本中から届く「ハルユタカを無くさないで!」というラブコールと、増える需要に答えるため、生産者さん達の努力が続きました。

平成11年、初冬蒔き栽培という方法が
技術的に確立し、いち早く江別市では「ハルユタカ」を地域ブランドとして生産に力を入れました。

初冬蒔き栽培というのは、
本来春蒔き小麦のハルユタカの、
春(5月頃)に畑に蒔く播種の作業を、それより早い、根雪になる前の初冬に行う栽培方法です。

その後の平成13年頃には上川郡下川町でも導入するようになり、
一度は栽培断念をした地域でも復活し、今は地域特産品として育っているところもあります。

風味は香ばしくて、味わいは深く噛むごとに味がでてくる、まさに北海道産パン用小麦のパイオニア!

「ハルユタカ」とは、春蒔き栽培で豊かに育って欲しいとの願いを込めて命名されたそうです。

当店で取り扱っている商品は
江別製粉の「はるゆたかブレンド」
はブレンド粉ではありますが、
製パン性は安定していて風味の良い業務用強力粉となっています。

私たちも色々と粉を替えてパンを作ってみますが、ハルユタカブレンドを使ってみると焼き上がりの香り、味が
やっぱりこれが原点なんだ!と思わせてくれる大切な品種だと思います。

この春休み期間、楽しく皆でパン作りをしてみるのはいかがでしょうか♪

(※参考資料
 『えべつもぉるHP 』
 『上川郡農業改良普及センター
            名寄支所
  下川町小麦ネットワーク
   「下川初冬まき物語」』)

この記事をはてなブックマークに追加