お菓子と日常あれこれ話 ~日々材料たちと共に~

札幌円山の小さな製菓材料店
「マルグリット」の情報案内ブログ
毎月のお菓子講習会情報 商品紹介
時々 将棋おやつ♪

4月のお菓子講習会のご案内

2015-02-28 10:07:00 | お菓子講習会情報
こんにちは♪マルグリットです!

先日のブログで、試作していた事をちょっぴりお知らせしていた、
4月のお菓子講習会の内容解禁です☆

当店の講習会は、毎月ごとのお申し込みになっていますので、気になった時に参加して頂けるシステムです!
もちろん、初めてさんウェルカム♪
気になった方は、どんどんお問い合わせくださいね♪

-----------------
4月のお菓子講習会
『紅茶のト・フェを作ろう♪』
※ト・フェの意味は家庭で焼く素朴なお菓子、という意味。
 紅茶の香り豊かなふんわりケーキです。アーモンドがいいアクセント!

日程は4/4(土)、5(日)、6(月)、9(木)、10(金)、11(土)、12(日)、14(火)、17(金)、18(土)、19(日)、21(火)、23(木)、25(土)、26(日)、27(月)です。

※ 講習会は各日定員3名、開始時刻は午後1時半から、終了予定時刻は午後3時です。エプロン、筆記用具をご用意ください。
※ 今月の講習会費は1700円(税込)です(材料費込み。試食、お持ち帰り有り)。
※ 講習会の申し込み受付は、3/1(日)10時より開始致します。
お問い合わせ、お申し込みはお電話でお願い致します。


Marguerite マルグリット
 札幌市中央区南2条西26丁目2-37
   ダイアパレス円山1F
  Tel 011-633-7366
  Fax 011-633-7367
   営業時間 10:00~18:30
    定休日 毎週水曜日

この記事をはてなブックマークに追加

ホットケーキの神様に☆

2015-02-27 15:57:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

ついこの間、パンケーキの神様がテレビ番組に出演されていて、ご自分のパンケーキを作られておりましたね♪

まぁパンケーキと言っても、なんと星の数ほどのレシピがあることでしょう!
単純にして奥深いです。。。

という事で本日は、意外に知らない
フワフワ、フッカリ食感になる!
ホットケーキを作るコツを、紹介したいと思います!

え?コツ?そんなんあるの?
ただのホットケーキでしょぉ?
あらら~そんな事言わないで(涙)
やってみてみて~~


用意するのは、好きなメーカーの
ホットケーキミックス粉。
そして、そこに書いてあるとおりの分量の卵と牛乳。
大事なのは分量どおり、という所。

ほとんどの手順は
卵+牛乳+粉→焼く、ですよね?
その手順を少し丁寧に行うだけで
普通のホットケーキが
素晴らしく軽いフワフワ食感に!

そのために、これだけはどうしても使って欲しいのが、泡立て器。
普通の家庭用のワイヤーの少ないタイプでも、全く問題ナシですよ!

さあ、作りましょう☆
手順1
卵は白身と黄身がよく混ざりあい、少し白っぽくなるまでよく混ぜる。泡立てる必要はナシ!
そして牛乳を入れてよく混ぜる。

手順2
ミックス粉は入れる前に、袋に入ったままよく振って空気を含ませる。
これ、意外に大事なとこです☆
粉のダマが出来にくくなります。
密閉されてる時は、袋を少し切って空気を入れ、輪ゴムでしばってから行うとグッド(^^)d

手順3
粉を半分、卵液の上に広げるように入れたら、泡立て器で混ぜていきます。
泡立て器を、卵液をボウルの底からすくうように動かします。
もう片方の手でボウルをゆっくり回しながら、泡立て器を動かしてください。
ワイヤーの間から粉と卵液が混ざりながら落ちてゆくと思います。
急いで混ぜなくて大丈夫ですよ。
八割程混ざったら
残り半分の粉も入れ、同じように泡立て器を使って混ぜましょう。

気づきましたか?
この混ぜ方は、粉のグルテンが出ないように、ねばりが出ないようにする方法です。

ボウルの底に粉が残ってないか
最後にグルルッと混ぜましょう。
ミックス粉の粉気が無くなって、
全体に艶が出てきたらOK!

後はいつものように焼いて、
いつものように食べましょう♪

何故か一枚目は失敗するんですよね~
焼く人の特権で味見しましょ♪

ホットケーキの神様になれるかしら?
なれる、かも?です!
え?このコツは知っていた?
それは大変失礼いたしました☆

この記事をはてなブックマークに追加

見かけは同じでも?

2015-02-26 11:53:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

今日は朝日が綺麗でした~
朝の空気は冷えているけど爽やか!
寝ぼけたままだった頭の中も、
一気にシャン☆とします(^o^)

明日には天気が荒れるという予報が出ていますので、
今日のこの日差しを楽しみましょう♪


だいぶ前のこと、私は「黒糖」という呼称があまりにも一般的な為に、
黒い砂糖は全部黒砂糖、黒糖だと思っていました。

けれども今は、「黒糖」という
定義がしっかり明確化されています。
平成23年3月、
消費者庁のJAS法が一部改正され、
「黒糖」と「黒糖加工品」が区別されたのです。

黒糖とは、国内のサトウキビを搾った糖液のみを使い、中和、沈殿などにより不純物を除去。 煮沸・濃縮した後は糖蜜分の分離などの加工も行わず、冷却して製造されたものを指します。

今は沖縄や奄美、鹿児島など、
温かい地域で生産されたサトウキビが、
それぞれ個性のある黒糖になり、
様々な商品名が付けられ販売されていますね。

一方「加工黒糖」というのは
黒糖に粗糖(原料糖)などを加え、再加熱しブレンドしたもの。
国内産の黒糖に、輸入の粗糖をブレンドするなどして、味や品質を一定に保っています。
(各製糖メーカーで国産・輸入比には違いがあります)

お土産の黒糖が、やけに酸っぱく感じた事、ありませんか?

産地や畑の違いで、煮沸する釜ごとに黒糖液の味にバラつきが出るので、
そのままでは製菓や、調理の現場で使用するのに向きません。
ミネラル分や、風味を残しながら
いつも同じ味にするには
高いブレンド技術が必要なのです。

特徴のある黒糖は、特徴を出したい菓子には最高の材料ですね!
でも業務用には、加工黒糖商品が欠かせません。
確かな技術で作られた黒糖は、
作られた菓子に安定した美味しさを与えてくれるからです♪

同じように思ってた黒糖
ちょっと気にしてみませんか?
同じ黒でも、違う黒かも、です。

(※参考資料 柴田書店刊
     「洋菓子材料図鑑」)

この記事をはてなブックマークに追加

選ぶ理由があるのです♪

2015-02-24 13:25:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

何日ぶりでしょう?
今朝、雪が降りましたね。
また寒さも振り返しですが(*_*)

カーテンを開けた時、
白い雪に覆われた外を見て、
思わず深呼吸~~

皆さんはお菓子を作るときに
どんな砂糖を使っていますか?

製菓においての砂糖といえば
グラニュー糖でしょう。

無色透明の結晶でサラサラの感触
無臭でクセもありません。
つまりこの個性の無いという事が
グラニュー糖の最大の個性?

砂糖の甘味成分であるショ糖。
最高純度の糖液から作られた
グラニュー糖はショ糖99.95%。
すっきりとした洗練された甘味を
菓子につけられるのです。

不純物が取り除かれてることで
飴細工やカラメル作りに向き、
スポンジケーキには軽い食感を与え
クッキーは軽い焼き上がりになる。

そう、それがグラニュー糖の個性!
甘味の安定性も良く、ほかの材料の風味を生かすので、世界中で最も使われている砂糖です。

こういう効果を理解していると、
お菓子作りに深みを感じませんか?

砂糖は種類がたくさん!
これからも少しずつ、彼らの個性を紹介していきたいと思います♪

(※参考資料 柴田書店刊
『新版お菓子「こつ」の科学 』
     農学博士 河田昌子著)

この記事をはてなブックマークに追加

作らなきゃ始まらない☆

2015-02-23 17:17:00 | 店 情報
こんにちは♪マルグリットです!

天気が良いと元気になれる♪
それだけで単純に喜ぶ私たち☆

今日は、4月の講習会に予定している
お菓子の試作を行いました!

レシピの配合、手順、型の大きさ
オーブンの温度、焼成時間、焼き色
出来上がりの大きさ、仕上がり
香り、食感、後口の感じ、、、
確認する事、考える事がいっぱい。

え?どんなお菓子作ったのかって?
う~ん、ごめんなさい!
今日はまだ内容は秘密です~
4月のお菓子講習会の情報は
週末2/28(土)にアップ予定です!
お楽しみに(* ̄∇ ̄)☆

3月のお菓子講習会
『抹茶のシフォンケーキ』
   若干まだ、空きがあります!

シフォンケーキの作り方には、
メレンゲの泡立て、粉の混ぜ合わせ方など、お菓子作りの基本になる手順が含まれています。
しっかりとコツをつかんで
ふんわり、しっとりのシフォンケーキを作れるようになりましょう♪

この記事をはてなブックマークに追加