お菓子と日常あれこれ話 ~日々材料たちと共に~

札幌円山の小さな製菓材料店
「マルグリット」の情報案内ブログ
毎月のお菓子講習会情報  材料紹介

パン生地、こう並べるの?

2017-03-19 14:18:00 | 店 情報

定期購読している雑誌の裏表紙に
こんな広告写真がありました。

さぁすが~外国の広告ってカッコイイ~
って、そうじゃないんです。

どうでしょう、皆さん、
どこか気になった所はありませんか?

気になりました、私。

ここ、ここです。この ↓ くっついている所
どうして、こういう風に ↑ 並べちゃうの?
すごーくモヤモヤ。落ち着かない感じ。

そもそもパンケースが正方形って!
縦長じゃない食パン型って!!
「当たり前」のようにある姿に驚き~☆

いきおい、このモヤモヤ解決のために
ALLINSON's のHPを調べてみました。
とても簡潔に、商品写真が並んでいました。

例えば、こんなホワイトブレッド。
(あっ!側の皮がない!パンの耳が無い!)

例えば、何か混ざっているタイプも。
(あっ!ある!これに耳がある!)

モヤモヤは的中しました。
一本ずつ包装された製品になっています。
が!パン同士がくっついていた側には、
色良く焼けたパンの耳は存在しません。

一方の側には耳があって、
もう一方の側には耳がある。

プチパンサイズでは寄せた状態で焼いたパンをそのままに、袋に入っている商品も見ます。しかしこの食パンの大きさで、並べて寄せて焼いている方法は初めて見ました☆

日本のパン屋さんでこういう食パンを売ってたら、やっぱりビックリしそうだナ~~

久しぶりに異文化を実感しました☆
”常識” という物差しは何種類もある。

せっかくなので、英語の勉強もどうぞ!
広告にあるコピーの文面や単語の意味もわかると、写真との関連性があって、またこの広告の面白みが出てきますよ。

調べてみて下さいね。together ~♪
”bear” はクマさんではありませんよ~

(※写真出典)
http://www.allinsonbread.com/

ジャンル:
パン
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロールケーキ用「天板」 27㎝ | トップ | 今日は第42期棋王戦五番勝負... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。