お菓子と日常あれこれ話 ~日々材料たちと共に~

札幌円山の小さな製菓材料店
「マルグリット」の情報案内ブログ
毎月のお菓子講習会情報 商品紹介
時々 将棋おやつ♪

アガーの使い方

2017-06-19 12:11:00 | 店 情報
マルグリット7月お菓子講習会
『キラキラあじさいゼリーとコーラ寒』

講習会へのお申し込み受付中です♪

7月のこのゼリーは、粉寒天を使って作りますよ~♪とお知らせしていましたが、二層になっている「あじさいゼリー」の下の部分、ミルクゼリーは「アガー」で作っています。

この「アガー」って何でしょうか?

家庭用にはまだまだ馴染みが薄いかもしれませんが、菓子業界ではこれがなくてはゼリー作りは始まらない!という大事な材料です。

アガーとは、海藻を原料に作られるもので、
同じく海藻から作られる寒天とは
いわば親戚関係のような菓子材料です☆

寒天は天草、オゴノリなどから作られます。
アガーは別の種類の海藻から「カラギーナン」と呼ばれる成分を抽出して作られます。


寒天は水分をしっかりと固める力を持っていますが、アガーはそれほどの凝固力は持っていません。しかし、アガーは水分を"緩やか" に固めてくれることが肝心なのです。

その特徴を活かして、現在市販されている数々のゼリー類商品は、ほとんどこのアガーを使って作られています。

そしてもう一つの特徴"無味無臭"であるアガーは、使う食材の風味を消すことなく、活かしながら軽やかに仕上げます。

そうです。皆さんが普段口にしている市販のコーヒーゼリーやフルーツゼリーは、ほとんどアガーで作った商品なのです☆

アガーの存在を知らなかった人には、
このカタカナ名前の「アガー」について
不安感があったかもしれませんね。


それではもう一度、
アガーの特徴を整理しましょう。

⚪ アガーは、海藻から作られている。
⚪ アガーは、無味無臭である。
⚪ アガーは、柔らかく固まる。
 (固まったら常温でもくずれません)

アガーを使ってのゼリー作りは
ゼラチンとは作り手順が少し違うので
そのまま置き換えることは出来ません。
使用する分量や、溶かす方法、
それぞれのポイントがあります。

粉寒天の使い方、アガーの使い方、
それらを踏まえて、7月の講習会で
キラキラ☆楽しくゼリーを作りましょう♪

※ 講習会の詳細はブログカテゴリー
「お菓子講習会情報」へ!
『スイーツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディスプレイ。あれから、、、 | トップ | 今日一番のお仕事。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。