お菓子と日常あれこれ話 ~日々材料たちと共に~

札幌円山の小さな製菓材料店
「マルグリット」の情報案内ブログ
毎月のお菓子講習会情報 商品紹介
時々 将棋おやつ♪

タルト型。

2016-09-18 13:51:00 | 店 情報
秋。 秋といえばタルトが食べたい!

そう思って初めてのお菓子作りに
タルトを選んだ人はとても多いですね♪

私の周りにも「自分でタルトを焼きたい!」と思ったのが、そもそものお菓子作りのきっかけだった、という人間がいます。

フルーツいっぱいのフレッシュタルトも美味しいけれど、秋に恋しくなってくるのはしっかりフィリングを焼き込んだタルトでしょうか♪

フレッシュでもベイクドでも、
何はなくともコレがなくては始まらない!

そう、タルト型です☆
一般的な丸型のタルト型を紹介しましょう。
大きさも種類がありまして、
数字は上部で計った直径になります。

後から取り出しやすいように、
底板は持ち上げられるようになってます。

底部分が離れる。セパレートになっているという事から「セパタルト型」と商品名がついています。ちなみに型の高さは約2.3センチ。

タルト型の懐の深いところは
これでパイを焼いても、チーズケーキを作っても、キッシュも作れるという万能さ☆

トラディショナルな円形のショートブレッドを作る時にも、この型は便利です。
手軽に型に敷きこんで焼きましょう♪

フレッシュフルーツタルトを作ろうと思った時、台は先に空焼きしておきますが、
その時タルト生地が、型の縁からずり落ちてしまうという失敗談を今でも時々聞きます。
焼き縮みもあり、プロの仕事とは違い、私たちの経験からもやはりそうなりやすいと思います。

目からウロコだったのは、以前に見た
ヨーロッパのあるパティシエの技でした。

タルト生地を切り落とさずに、型に密着させながらもそのままオーブンで焼いてしまいます。冷めたらナイフで余計な焼けた生地の部分を落としたら、型の高さのタルト台が出来上がり!

仕事きっちり☆派の日本人にとっては
少し納得いかない方法ですけれど(笑)
確かになるほどな技ではありますよねー。

知らないよりは知って良かったカナ☆
以上、ご参考までに♪

皆さんはどんなタルトが好きですか?
『スイーツ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日余裕無し。残念!マルグ... | トップ | オペラ、といえばオペラ。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。