九州愛媛FCサポ日記

九州在住の愛媛FCサポによるサッカー観戦日記や、趣味の御朱印収集&ツーリングについて

【DAZNハイライト】2017.7.22 明治安田J2 松本山雅FC vs 愛媛FC

2017-07-23 20:58:20 | 愛媛FC
ここ5試合勝ち星のない愛媛FCですが、今節はアウェイ松本戦です

アウェイ松本戦は未だに勝ち星のない愛媛FCですが、ここで勝ち点3を手に入れられれば大きいです

松本との勝ち点差も1しかないですから

そんな訳で今節のメンバー

GK 馬渡
DF 田中/林堂/浦田
MF 藤田/小島/小暮/小池
FW 近藤/丹羽/河原
SUB パク ソンス/深谷/玉林/神田/白井/鈴木/有田

今節、遂にスタメンGKが変わりました

それに関してはまぁ後程

試合結果ですが、惜しくも2-1と敗戦という結果に終わりました

試合が動いたのは始まって早々時間の経っていない2分

愛媛陣内で田中の不注意なパスを相手選手にカットされ、最終的にはGKとの1対1を冷静に流し込まれました

続いての得点も松本

35分、GKからのフィードを高崎選手が後ろに逸らし、それをセルジーニョ選手が持ち込みシュートしたものは馬渡が防ぎますが、

弾いたボールは石原選手の元へ行き、これも決められ2-0となります

まぁとにかく前半は良くなかったです、愛媛

しかし52分、遂に愛媛にもゴールが生まれます

浦田の縦パスがPA内に走りこんだ小島に渡ると、小島が見事なトラップでチェックに来たDFを交わしてそのまま狙いすましたシュートを放つと、

ボールはゴール左隅へ

これで2-1

67分には神田と有田の2枚同時投入をし、松本が守備的になってきたところを畳みかけます

実際この後の愛媛は更に攻勢に出ますが、結局1点が遠く2-1のまま試合終了となり、これで愛媛は6戦勝ちなしとなりました

ただ、昇格PO圏までは勝ち点5差なので、まだ諦めるには早いです

さて、じゃあ今回の馬渡君のスタメンについての私見です

伏線は色々あったにせよ決断に至ったのは前節の大分戦、終了間際に大分に同点ゴールを与えたプレーになります

とはいえ、監督にはここでも変えないという選択肢はありました

変えなかった場合のメリットとしては、ソンスがその信頼に心を新たに奮起してくれる事です

じゃあ変えた場合のメリットは対内的には選手間競争を与える事、そして対外的にも選手間競争をしているというアピールです

少なくとも前節終了時にはGKに対する意見が幾つかありましたし、私自身も想いはありました(理由は他にもあり、それは後述します) 

なので今回こうやって馬渡選手を起用した事は、そういった意見に対して結果で示すという事に他なりませんでした

そして結果的には2失点の敗戦となり他GK待望論は後退しました

ただ、正直この試合のみで馬渡選手の能力に疑問がつくかと言われれば決してそんな事はない内容ではなかったかと

確かにセービング、キック精度等々粗さは目立ちましたが、それは今シーズン初期のソンスも同じ

それが今ああやって立派に成長しつつあるんですから、馬渡も諦めるにはまだ早い

むしろ期待しかないんじゃないかと思います

なので、そういった意味では次節監督がどういったGK起用をするか楽しみです

ちなみに私がソンスを変えた方がいいと思った理由は、他の選手も見てみたいって理由の他にソンスのメンタルが心配だったんですよね

いくら今季はよくやっているとはいえ、リーグでのスタメンは今季から

しかもまだプロ3年目の21歳

なのでチーム、サポーターからの見えないプレッシャーってのを相当感じていたんじゃないかと思います

それが結果的に前節の試合後の涙という形で現れたんじゃないかと

だから、今節休ませるのはメンタルリセットとしても非常に大事でした

そこを決断した間瀬監督はやっぱり見ているなーって感じます

【DAZNハイライト】2017.7.22 明治安田J2 松本山雅FC vs 愛媛FC


さて、次節はホームに千葉を迎えます

今季前半に対戦した時は4-2と、まぁ完敗でした(笑)

そして現在は直近5試合を4勝1敗と、調子は上向きみたいです

とはいえ、愛媛だってそんな簡単にやらせないです

チームもサポーターも誰もまだ諦めていないです

勝ちましょう、ただそれだけです

Hala Ehime!
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【DAZNハイライト】2017.7.16... | トップ | 【DAZNハイライト】2017.8.6 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL