marcoの手帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

世界のベストセラーを読む(156回目)神学的なことに入りつつ・・・Ⅲ

2016-10-17 20:38:38 | 日記
◆世界のベストセラー聖書を読む◆
アメリカ大統領候補、トランプとクリントンのやじ合戦は、数年前に言われた「アメリカ・マインドの終焉」が本当に露骨になってきたものだと言えますね。
◆アメリカの神学者ラインホールド・ニーバーの「アメリカ史のアイロニー」(大木英夫、深井智明訳 2002年6月29日初版1印)を再読。
先回155回目に書いた”善を維持するために悪をも用いる”という皮肉。必然的にそうなってしまわざるを得ない現在、悪はひそかに隠れていたが、表にとうとう行き場がなくなって出てきたという気配を思ってしまう。この書物は決して古くなく、キリスト教ピューリタンが作った国、アメリカを読めば今後のいくすえが推察できるというものだ。96回目に書いた「冷静さを求める祈り」はこのニバーの祈りであり、それを紹介したのがニーバーのもとで博士論文を書いた最後の学生、神学者大木英夫さんである(ご健在)。生きておられるイエスの父なる神、信ずる者への啓示、霊的日々の促し。自分の言葉で会話すること。

◆「アメリカ史のアイロニー」の一部を紹介します。

 いかなる価値あることも、人生の時間の中でそれを完成することはできない。それゆえひとは”希望”によって救われねばならない。いかにまことに美しく善きことであっても、目に見える歴史の現実の中でそれを明白に実現することはできない。それゆえひとは”信仰”によって救われねばならない。いかに有徳な者であっても、ひとのなすことは、ただひとりだけでは達成することはできない。それゆえにひとは”愛”によって救われるのである。たとえわれわれから見て有徳な行為であると思えるものであっても、われわれの友人あるいは敵から見ればそれは有徳だとは感じられないものなのである。それ故にわれわれは”赦し”という愛の究極的な形によって救われねばならないのである。(p102)
                                                   ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハネによる福音書(敷衍訳... | トップ | ヨハネによる福音書(敷衍訳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。