marcoの手帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

世界のベストセラーを読む(324回目)コリント人への第一の手紙(15章35~58節)復活のからだ

2017-04-20 18:16:08 | 聖書・聖句
・・・続き 第15章の35節から
   ***********************************************
(15:35)ある人は言うだろう。「どんなふうにして、死人がよみがえるか、どんなからだをしてして来るのか」
(15:36)おろかな人である。あなたのまくものは、死ななければ、いかされないではないか。  
***********************************************
◆パウロはコリント人への手紙で人の復活のことについて書いている。これは、先に書いたように、当時のコリントで福音が宣べられ信じた人々に、「イエスの復活?そんなのはありえんだろうよ。どんなふうによみがえるのか教えて欲しい」とかまびすしい議論がユダヤ人からもふっかけられた事に対しての激励と教えを込めてかの人々に手紙を書いたものだと思われる。・・・今の僕らはどうだろう。
◆コリントゲームというのは今、辞書を引いて出てきます。今で言うところのゲームセンターのピンボール。パチンコの起源と言えばいいか。いずれ、パウロが立てたコリントの教会は問題がたくさんあった。このような中でコリント人への手紙の第15章は、僕らにとっては「そうでございますか・・・」と聞くだけのようではあるが、旧約聖書(当時で言えば”聖書”など、離散したユダヤ人たちにも博学な人がいたし、ギリシャ哲学も盛んだったし、それはそれは、その福音の要をしっかり理解し自分のものとしなければ、世的な享楽に流されて、ここでパウロはいま一度、喝(かつ)入れいなければと奮起して手紙を書いたのだと思われます。コリントにいた純真な信仰者からの困った状況に対するアドバイスの要請があったのだろう。ここで、35節からは”復活のからだについて述べています。
◆でも、読んでもよく分からないな、正直。そのように信じるしかない。いずれ三次元的な現世における肉体のありようとは異なり、霊的な意味合いにおいて、また新たなる霊の身体に生まれ変わるようだ。そして、諸々の生きていた時の肉における個人の欠陥は、キリストを信じたが故に、そのとがめが赦されて免除されて、永遠に生きる世界に入って行けるようなのだ。
◆東日本大震災から6年、20000人以上の方が災害に遭われ、多くの方が亡くなられた。未だ死んでいないと思われる方の霊としての可視化という現象が起こっている事に対して、イエスがニコデモに語った霊の事、そしてまたパウロが手紙で書いた霊と肉における今の僕らの生き方、考え方を再度、見直してみる必要があるようだ。
◆新約聖書のイエス亡き後の使徒たちの働きは、地上における僕たちの肉と霊、それに関わる聖霊というものが無ければこの地上での霊の動きや働きについて分からないし、その生命の根源ラザロを墓から生き返らせたように、その働きとしての生命の根源、光に向かう上昇志向的な思いは自分自身に起こってこないものであろうと思わされるのである。霊と肉として使徒の手紙をよくよく考えながら読むとより深く新しい自分の言葉でつかみ取り、理解できるかもしれない。なぜなら、僕らは誰でもが霊を持って生きているから。
  ******************************************
(15:49)すなわち、わたしたちは土に属している形をとっているのと同様に、また、天に属している形をとるであろう。
(15:50)〔・・・・〕血と肉は神の国を継ぐことができないし、朽ちるものは朽ちないものを継ぐことがない。〔・・・・〕
(15:54)この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬものが死なないもの(キリスト)を着るとき、聖書に書いてある言葉が成就するのである。 
(15:55)「死は勝利にのまれてしまった。死よ、お前の勝利は、どこにあるのか。死のとげはどこにあるのか」。・・・Ω 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のベストセラーを読む(3... | トップ | 世界のベストセラーを読む(3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。