marcoの手帖

永遠の命への脱出と前進〔与えられた人生の宿題〕

世界のベストセラーを読む(137回目)

2016-09-18 21:07:34 | 日記
◆世界のベストセラー聖書を読む◆ また脱線。
”時は縮まっている”観念的に神学的議論が空を舞って、実際的な力にならないとすれば、最も現実的にそれによって生き延びてきて証をなしてきたのがユダヤ人といえるのだろうか。聖書を読めば理解できるように、使徒ヨハネさんの書き方は、一世紀にも近い年代に書かれているために周辺の事情もあり非常に格式の高い観念的な言葉から始まっている。それまでは本来、そういう書き方はしないで物事の歴史性を踏まえ(神が主人公として)事後予言的にでも、その出来事を履修して自分史を書き綴ってきたのであったのですが。
◆ところが、イエスの出来事が普遍性を持つに至って、非常に観念的に、そして”従順と情緒的良心”を落としどころとして、結局、神に許されし人間だとしてのいいとこどりで話されるようになってきた歴史があるわけだ。だから今では、キリスト教といえば、多々ありすぎでまずその組織の拘束力を気にしなければいけないということが多くの人は先に立つ。歌手の桜○純子さんや体操女子の山○浩子さんは統○原理(これは正当なキリスト教かどうかでしょうが)だったのよとか。あのヨン様は韓国の怪しげな(本当は違うのだろうけど)キリスト教信者なのよとか・・・。組織における拘束が頭に先にくる。おまけに曲がりなりにも恐れ多くも品行方正なキリスト教でありますから・・という心理的先理解の大きな障害がある。さらには尊いお仕事ではありましょうが、日本の伝統やしきたりなどを無視して(これも僕はいいとは思わない「ウェバーの”伝統主義の克服”の概念」は目からうろこであった。まずは彼の古典を真に克服しないと日本国は危ないぞ!)キリスト教の海外の和訳などを一生懸命になされてもそれは信者内のドメスチックな自己満足にしかならんのではないかと思っているんだ。ここでも課題は自分の言葉で読む・・・なのです。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のベストセラーを読む(... | トップ | 世界のベストセラーを読む(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。