marcoの手帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヨハネによる福音書(敷衍訳)(第6章36~51節、6章59節 生命のパンⅡ)

2016-10-19 21:06:55 | 日記
◆ヨハネによる福音書◆生命のパンⅡ(第6章36節~51節、6章59節)八木誠一訳(1970年)
・・・前回より続く
36-37:しかし私がかつて『君達は私の業を見ても解さず、私をも信じない』と言ったとおりなのだ。実は父が私に下さる者が私のところに来るのである。私を信ずるのは人の勝手ですることではない。とはいえ、もちろん信仰は強制でもない。それは人の自由な判断である。
38:すなわち、自由な決断自体が神の賜物なのである。だから自由な決断によって私のもとに来る者を私は決して拒否しはしない。このような決断によって私のもとに来る者を私が拒否するいわれはない。私は、私の勝手を行うためではなく、私を使わした方の御意を遂行するために天から下ってきたのである。
39:私を使わされた方の御意とは、父が私に下さったもののうち、誰をも私が滅びに到らせないこと、これなのである。私の父は、子が何であるかを見て信ずる者が永遠の生命を持つことを欲したもうのである」。
41:するとユダヤ人は、イエスが「私こそが天から下ってきたパンである」と言ったので、イエスのことで文句を言い始めた。
42:「なんだ。この人はヨセフの子イエスではないか。私達はこの人がどんな両親から生まれたかちゃんと知っているぞ。それなのにこの人はどうして『私は天から下ってきた』などと言うのだ」。
 ユダヤ人は、語っているのがイエスとして受肉したロゴスであることをわきまえない。ユダヤ人はロゴスの存在と働きとに全く盲目なのである。
43:イエスは答えて彼等に言った。
 「ぶつぶつ言うのはやめなさい。もっとも、君達が文句をいうのももっともではある。この世は真理の存在と働きを知らないのだから仕方がない。私を使わした父が引き寄せるのでなければ、誰も自分から私のもとに来て、私を父をあらわす者と認めることはないのだ。それは預言者にも、『終末の時には誰でもが神から教えを受ける』(イザヤ書54:13)と記してあるとおりである。父から聞きまた学ぶ者が私のところに来るのである。とは言っても、誰かが私を素通りして、私ぬきに神を見た、などというのではない。神のかたわらにいる私だけが神を見、それを世にあらわすのである。私を信ずる信仰自体が神から贈られたものであり、この決断によって私を信ずる者は、私を通して神を見、こうして信仰自体が神から与えられたことを確認するのである。
47:私は君達に真理を告げるが、以上のようなわけで、私を信ずる者が永遠の生命を受けるのである。
48-50:私が生命のパンなのである。君達の先祖は荒野でマナを食べたが結局みな死んでしまった。しかし天から下った真のパンとは、これを食べた者は決して死に到ることはない、というものなのだ。私が天から下った、人を生かすパンなのだ。このパンを味わう者、すなわち自分の配慮でもって自分を生かそうとするのではなく、私を信じて私に生かされる者が永遠に生きるのである」。
59:イエスは以上のことをカペナウムの会堂で教えた際に語ったのであった。

 (<生命のパン>の章 終わり) ・・・ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハネによる福音書(敷衍訳... | トップ | ヨハネによる福音書(敷衍訳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。