marcoの手帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

世界のベストセラーを読む(154回目)神学的なことに入りつつ・・・

2016-10-14 00:00:27 | 日記
◆世界のベストセラー聖書を読む◆ 
今回もpure(純粋に)に求め続けようとする初心者の方は読まないでください。
インターネットで、今はキリスト教会のメッセージを聞いたり、内容はともかくも文字で読もうと思えば配信されている教会のメッセージも読むことができる。お金があれば、関連書物も特にキリスト教の専門書は高価なのだが腐るほどあるのだから買って勉強することもできるのだが、真にイエスのことを一般の人々に伝え、その人が自分の言葉で読めるようになり、自分の言葉でイエスと語られるようになることを目指そうとされるのであれば、知識を蓄え、その言葉の関連付けで悦に入る快楽よりも(そのような知識にはどうも胡散臭いのもあるから)よほど真実はなんなのか、聖書の時代状況はどのようであり、語る者(記者)の背景やその者の状況を知ること、つまりは自分自身という人間はどうかと類推して、話すと言うことは聞く相手もいる訳であり、聞く者が理解できるから解るように語られるのだという常識に立って考えることは重要なことと思われる。第一に我々はその時代にはいなかったのだから。そして2016年の時代に、時代背景、自分の個人的な背景をも無意識の上に影響されつつあるのであるという、そういう人間という生き物であることを十分理解しながら、今から2000年以上も前の話を読み、聞くのであるということを当然のこととして踏まえおかなくてはならないのではないかと僕は思う。
◆僕は何を言いたいのか。ここからびっくりのことを書くが「聖書は誤りなき神の言葉である」ということを胸を張って言わない方がいいと思うのだ。(むろん、間違っているということも胸を張って言わない)。こうことからスタートして、曲がりなりにも言葉で頑張って話すから、聞いていて本当にそうなの?と疑問を持っても尊い働きであるからということで遠慮してしまうというものだ。しかし、これだけ世俗化してしまったのでは、隠すところは無くなってきたな。むろん、神学校出ただけで、さらに深い勉強しなければ知らない人は知らないのでそれはそれでいいのであるが、どうもその胡散臭さは、時代におかれた人間は、どういう者か、どういう考えをするものか、風習、因習、伝統などを背景に当たりまえのように影響を受けて動いているのものであるということに無知であることから来ていると思うのだ。聖書を2016年の僕らが読み取る場合、それをすべてそのとおり(つまり2016年の考えでもって)解釈し、理解しようということ自体、無理なところがあるし、どのように解釈したら良いのか更に学んで見たく思うのが誰しもではないかと思う。ところが、そのことも気にかけずに、ある一つのしがらみに守られてするすると古びた知識を関連付けて、それはそれで知的快楽ではあるのだが、なぜか偉く深みがないというか、ああ、そこをお話の落としどころとされるのですか(心情的な面はどうも普遍のようで)・・・と言うのでははっきりって情けない、その道の方・・・。
◇その道の方にお尋ねください。きちんと答えられた方はよく読まれている方です。歴代誌下21章2節に間違いあります。なぜなんですか?と(答え→原文通りに訳されている聖書であれば、原典の記者が間違えて書いているので、そのまま掲載されていますというのが答え。もし、間違えていないと思われたら編集の時に修正したものでしょう日本語の翻訳時に。)その他、マタイ福音書18章11節はどうしてないのですか(これは解説書がありますから答えてくれます)・・・etc。
◆宗教改革から来年は500年、万人祭司とは、一人ひとりが、直接、イエスの言葉を自分の言葉で立ち、上を見上げて戦って残りの人生を全うすることを望むことです。それは、知識と自分の言葉を与えられたのは何にもまして感謝にたえないことなのではありますが、それから更にまだ先があって、再び、ひとりひとりの内面の霊的な準備が”常に喜べ、絶えず祈れ、すべてのことに感謝せよ”と整えられ、世俗的な言葉を使わせてもらうなら魂が”潔め”に向かい、しかも人類の考えの基が”イエスの言”をアンカーに持ちつつ、”天になるごとく地にもなさせたまえ”と進化して行くべくそれに関与しつつ、人手によらない神の基のシステム化、世界化が図られていかねばならにように思われるのです。・・・  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨハネによる福音書(敷衍訳... | トップ | ヨハネによる福音書(敷衍訳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。