marcoの手帖

永遠の命への脱出と前進〔与えられた人生の宿題〕

世界のベストセラーを読む(220回目)ローマ人への手紙(9章14節~18節)

2016-12-31 13:34:43 | 日記
(9:16)「ゆえに、それは人間の意志や努力によるのではなく、ただ神のあわれみによるのである。
◆神は、そもそもどういう方であるのかという展開がここからなされていきますが、異邦人であるひとびとばかりでなく、これを読んだユダヤ人も天地創造以前の神のあり方、神とはそもそもどういう方であるかの新たなる(改めてと言った方がいいかもしれないが)解釈を迫られたのではないかと思う。
◇というのは、世界中の誰でもと思うが、生きてる自分が神を思う時に、それはどの神とは言わないまでも自分のことは理解されていると思っているのではないかと思うのです。神様はすべてご存じだからここにいる私もご存じ、私の願いは届きつながっていると思っている。それでなければ、神社にあれほどたくさんの人々は参拝しないだろう。今日は2016年の大晦日であるが、この日本でテレビで毎年見られる大きな神社でのプールにシートを引いたような賽銭入れは、そして投げ込まれるお金に関してはどうしたものだろうと思う。
◇僕は何も神道やお寺に文句があるわけではない。それを行う人々の考えはどうしたものなのかということを言っているのである。旧約時代の考古学の研究調査が行われて来ており、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三大宗教の聖地ともなっているエルサレムは、岩のドームはイスラム教のものであるので、その場所は手が付けられないけれど、その他は採掘など発掘調査が行われ、炭素の年代調査などからどの時代にどのような生活をしていたかがわかるようようなのである(youtubeで見られます)。それによるとエルサレム神殿があるにも係わらず周囲のバビロン捕囚以前の民家後からは結構、豊穣の女神(大きな胸)の小さな石の人形大の置物が掘り出されているのだと。
◆僕がここで言いたいことはこうだ。天地創造のイスラエルの神に歴史を導かれてきたと言えども、人という生き物はいかなる時代も神という対象物を人という生き物の自己了解の納得のものとしての対象物、それは人が実際に目で見ることができ、手で触れることができ、衣食住を保証(特に食)を保証し、さらに、労働力を満たしそして生物としての勢力範囲を広めるという動物的欲求(生殖)を満たすことを叶えるのが神が神たる所以であると理解しているのである。それがある程度、満たされれば今度は、欲求は縮小してもいずれ個人の希望がかなえられるようにと。いずれ、庇護のもとの自己了解のすべてにおいてよきに計らう存在としての神なのである。それは、時代が時代ならば、背後にあって戦い守る神ともなるのであるが。しかもイデオロギーとして。
◆ところが、パウロが論説を進める天地創造までフラッシュバックしたような、ここでの神というのはどういう存在であるのかという内容は、手っ取り早く言えば、人間を煮て食おうが焼いて食おうが、神の勝手なのであるということになる。(こういう言い方も先の人間的な思いがあるからとなるのですが、冷静に言えば我々は、神がどのようなお考えでなさるかなどは、我々は被創造物なのであるからただ、従うしかないのであるという次元におられる方なのである、ということになるのです。たとえで言えば、天候をよくしてください。長生きさせてください。もっと美形にしてくださいというようなことは、たとえ人間が努力しても、もともとはそのようになっているから、そうなのだとしか言えない範疇に属することなのである。つまり、とても高い次元からの物言いなのである。)天地創造のパラダイスにおられる父なる神と呼ばれる方は本来、そういう方なのだろう。パウロの理解はその次元からの物言いで論を進めていくのです。とても次元の高い話のようでつながりが途切れそうになりそうだ。
◇(9:17)「聖書はパロ(頑なにエジプト脱出を拒んだ当時の王)にこう言っている。「わたしがあなたを立てたのは、このことのためである。すなわち、あなたによってわたしの力をあらわし、また、わたしの名が全世界に言いひろめられるためである」。(9:18)「だから、神はそのあわれもうと思う者をあわれみ、かたくなにしようと思う者を、かたくなになさるのである」。・・・ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のベストセラーを読む(... | トップ | 世界のベストセラーを読む(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。