marcoの手帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヨハネによる福音書(敷衍訳)(第6章22-51節、6章59節 生命のパンⅠ)

2016-10-18 20:38:02 | 日記
◆ヨハネによる福音書◆生命のパンⅠ(第6章22節~51節、6章59節)八木誠一訳(1970年)
22:翌日のこと、対岸に残っていた群衆は前日の夕方岸辺には小舟が一艘しかなかったことを知っていた。
23:さらにまた、イエスは弟子達と一緒に舟に乗らず、弟子達だけが漕ぎ出したのも知っていた。それなのに、イエスはそのあたりに見あたらなかった。ちょうどそこへ、ティベリアから数艘の小舟が、イエスが感謝の祈り 24:を捧げて奇蹟を行った場所の近くへきたので、イエスも弟子達のいないのを確かめた群衆はその小舟に乗って、イエスを探しながらカペナウムまで漕いで来た。そして湖のこの側でイエスを見つけると驚いて彼に尋ねた。
 「先生、いつここに来られたのです」。
26:イエスはその問いには答えず、むしろ群衆がイエスを尋ね歩く動機を問題にして言った。
 「私は君たちに真実を告げる。君達は私が行った徴の真の意味を理解したから私を尋ね歩いているのではない。私が与えたパンを食べて満腹したからにすぎないのだ。
27:かりそめに生命を与えるにすぎない食物のためではなく、永遠の生命にいたらせる食物を得ようと努めなさい。これは『人の子』私が君達に与える食物である。父なる神が『人の子』にこの権を委任したのだ」。
28:人々はそこで彼に言った。
 「それでは神の御心にかなう業を行うためにはわたし達は何をしたらよいのでしょう」。
29:イエスは答えて彼等に言った。
 「神の御心にかなう業とはすなわち神が世につかわされた方を信ずること、このことである」。
30:そこで人々は彼に言った。
 「あなたは『私を信じなさい』とおっしゃるが、それではどんな奇蹟を見せて信じさせようとなさるのですか、あなたはどんな働きをなさるのですか。
31:モーセの場合はこうでした。モーセが天からマナを降らせたので、私達の先祖は荒野でマナを食べました。『神は天からのパンを彼等に与えて食べさせた』(詩編78:24、出エジプト記16:4、16:13-15)と書いてある通りです。あなたもモーセ同様の奇蹟を行うとでもいうのですか」。
32:そこでイエスは彼等に答えた。
 「私は君達に真実を告げる。君達に天からパンを与えるのはモーセではない。私の父が天から君達に真に生命を与えるパンを下さるのだ。神が与えるパンとは、天から下って世に生命を与える者のことである」。
34:そこで人々は彼に言った。
 「主よ、どうか私達にいつもそのパンを下さい」。
35:イエスは彼等に言った。
 「私が生命のパンなのである。私のもとに来る者は決して飢えることがなく、私を信ずる者は決して渇くことがない

 ・・・つづく 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のベストセラーを読む(... | トップ | ヨハネによる福音書(敷衍訳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。