marcoの手帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

世界のベストセラーを読む(225回目)ローマ人への手紙(10章5節~13節)その2

2017-01-03 14:32:54 | 日記
ローマ人への手紙を読んでいます。パウロさんが書いた前回の一節をもう一度書きます。
◇(10:8)では、なんと言っているか。「言葉はあなたの近くにある。あなたの口にあり、心にある」。この言葉とは、私たちが宣(の)べ伝えている信仰の言葉である。
◇「 」この言葉は既に旧約聖書申命記のモーセが神のことばを取り次いだ中に書かれています(30:14)。以前、ユダヤ人は結婚式の時にグラスを割ると書きました。その行為は、神の語られたことは、割れたガラスがもとにもどらないのと同じように必ず成就することを忘れぬため、再確認のためです。それは喜びとして確認するのです。そしてそのモーセが語った第30章を思い出しているのだと思います。歴史は戻りません。どうぞ、この際、旧約聖書申命記第30章をお読み下さい。大切な箇所だと思いますのでその1節~5節を書いてみます。(いのちのことば社:新改訳で 申命記)
  ***************************
◆(30:1)私があなたの前に置いた祝福とのろい、これらすべてのことが、あなたに臨み、あなたの神、主があなたをそこへ追い散らしたすべての国々の中で、あなたがこれらのことを心に留め、
(30:2)あなたの神、主に立ち返り、きょう、私があなたに命じるとおりに、あなたも、あなたのこどもたちも、心を尽くし、精神を尽くして御声に聞き従うなら、
(30:3)あなたの神、主は、あなたを捕らわれの身から帰らせ、あなたをあわれみ、あなたの神、主がそこへ散らしたすべての国々の中から、あなたを再び、集める。
(30:4)たとい、あなたが、天の果てに追いやられていても、あなたの神、主は、そこからあなたを集め、そこからあなたを連れ戻す。
(30:5)あなたの神、主は、あなたの先祖たちが所有していた地にあなたを連れて行き、あなたはそれを所有する。
  ***************************
◆旧約ですからイエスの誕生の以前の紀元前13世紀初期頃の話です。このことばをイスラエル人は信じ続け、世界に散らされてもそこで言い伝えを守ろうとしました。さて、どうでしょう、第二世界大戦後1948年5月にイスラエル国家が樹立しました。彼らは、いろいろ問題はありますが、約束の地に戻っていったのです。事実、そこに今、その国はあります。この事実をどう思われますか。
◆神のご計画は現在も進みます。神のひとり子といわれるイエスが誕生し、不完全な欠陥がある我々でも彼を信ずれば、彼の来た国パラダイスにいける。われわれの欠陥を天に帰還する為にイエスが十字架に架かられたことにより帳消しとされ、彼を信じることがパスポートとなった訳です。第30章の語られたことはエジプトからの奴隷の身からの解放という過去の歴史というだけでなく、イエスを信ずる全世界の人が自分にまとわりつくすべてのしがらみから解放されて、天のエルサレムへの帰還、パラダイスへ天の父なる神が連れて行くとの約束に解釈され、その言葉はまさに新しい契約となったことが示されたのです。そのイエスのことが書かれているのが新約聖書です。
◆(10:12)ユダヤ人とギリシャ人との差別はない。同一の主が万民の主であって、彼(イエス)を呼び求めるすべての人を豊かに恵んでくださるからである。(10:13)なぜなら、「主の御名(みな)を呼び求める者はすべて救われる」とあるからである。・・・Ω 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のベストセラーを読む(... | トップ | 世界のベストセラーを読む(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。