marcoの手帖

永遠の命への脱出と前進〔与えられた人生の宿題〕

世界のベストセラーを読む(364回目)「新しい人間」 近代化の精神構造 Ⅵ(雑感)

2017-06-10 20:45:39 | キリスト教神学
 表題が難しいようなのであるが、あまり難しいことを考えている訳ではない。僕なりに書くとこういうこと。つまり、人それぞれが深刻な課題の解決にいかにすべきかとまちまちの考えを持ったときに、それが神が自分に語りかけるという確信において、同時に他の人にも別様に語りかけることが当然あると思われるが、そのときに、今一度、「何の目的のために」と語りかけるのかと、その同じ語りかけた神の目線に一段ゆっくり共に上って冷静に考えて見るということの必要性である。私の意見、そしてあなたの意見、しかしそれは同じ目的のためにであったということに気付くこと、共に同じ神の下での対等な人間であると気付く事なのである。
◆そうすれば、目的達成のために我らは議論しているのであって、議論のための議論をしているのではないということに気付く事なのです。神の目線にまで、イメージが湧かない人は、鳥瞰図的目線で行く先に目標が見えるはずであるから確認することである。鳥さんの目線から実行となれば蟻さんになって着実に物事をこなしていこうとすることだ。
 目的を達成するための目標(なすべきこと)なのであって、とかく議論伯仲で、かっこよく言えばアプローチの違いなのに相手を罵倒するなり、人格を否定するなりで、結局仲違いになるとことが多い。そこまで、自分を絶対化しないことである。神の下での自分の相対化が大事だと言うこと。切った張ったといがみ合っている内に共に立っている足下の土台が崩れるという舞台終焉にならないようにということ。(人はそれぞれ、次の世界に行くまでに解決すべく自分に人生の宿題が課せられていることをキリストを知る人は知るようになるのだ)
◆これが何故、デモクラシーなのかと言えば、会議の進め方において他を尊重し、自分を絶対にしない。目的は、異論がある相手も同じこの社会という土台に存在しているからである。無論ここに於いても議論のための多くの情報と言葉を準備しておかなくてはならないが何も競争している訳ではない。そのことも共有化して提供し合えば良い。キリストによりカルチャベートされて言葉を選べる人は、おそらくその議論に加われるだろうということです。(ここで、自由を感じない人は、まだ学ぶべき神の御心があると希望をもつといい)
◆もし、そのことが個々人により生涯における訓練として人生を過ごす、それは死後、よりキリストに近づくための彼の試練(十字架)と同期させることによる、自分の困難、苦難も乗り越えていく力をえることに共感する人々には、まったく同感できる内容であると思われるのです。(ここまできて、ずいぶん高圧的な書き方になってきてしまったなぁ)
◆目的は、目標を持つ。そして手段も、考える。第一に何が障害(リスク)となるか、何(公の法律)を守らねばならないか。手立てを作りそして実行する。良ければシステム化する、つまり標準化をして、誰でもがその通りに規則性をもてるようにする。本来、身につけばこれらは不要となる。それで、そのことが目標達成のために有効かを考える。それから効果も確認する。目的はその決めごとの実行で有効かどうか、効果を上げているかどうかまでをさらに深めて見ていかなくてはいけない。維持されていくことが重要だから。評価は効率化。しかし、ここで、あくまで人を主眼として考えなければならず、人が機会の一部にように考えられては決していいけないと言うことである。この文章の◆は、もの作りの工場における、標準化システムの基本の考えになっている。(現在は既に環境から、安全から、無論、品質から・・・すべてに於いて考え方が現実に今ある。・・・レスポンシブル・ケア・・・これは実は人間が自分の所作すべてに責任を持つということでベースの考えはキリスト教から来ているのであると言える)
◆宗教性による他国との違いは、やはり、こういう言葉にならない、しにくい(なぜなら、我が教祖はこう宣い、それが神の願いだとか、さらには女性はこうであらねばならないとか・・・)言い伝えだとかにより拘束される。これはまさにしがらみの筆頭になる訳だ。マックス・ウェーバーのいう「呪術からの解放」にもなるわけだが、人間という生き物とししての種にまとわりつく、実は当然のこととして自己了解し、実はその事により自分を拘束し不自由な世界ながらもそれに甘んじざるを得ないどうしようもない人間。その中でそれさえも解体して、いずこの国の人も同等に、地球に存在せしめられし神の似姿の被創造物としての人間の世界を解体していくこと(人権思想へ)。そして、次の世界に生きるべく新しい人間という考えを誰しもがなして生きなければ、もう次の世界はかなり危ういものとなるだろうと僕は案じているのである。・・・ 続く   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のベストセラーを読む(3... | トップ | 世界のベストセラーを読む(3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キリスト教神学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。