marcoの手帖

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

世界のベストセラーを読む(336回目)憲法記念日にあたり そのモヤモヤⅡ

2017-05-03 22:01:02 | キリスト教神学
 憲法記念日にあたり そのモヤモヤⅠからの続きです。・・・
◆僕の部屋には、模造紙大の映画のポスターが掲げられています。「東京裁判」
ご存じ左からイギリスのチャーチル、中央アメリカのルーズベルト、右旧ソビエトのスターリンです。映画の中で記憶にあること、大川周明が前に座っていた東条英機の頭をぽんぽんとたたくところ、彼は東京帝国大学をでた思想家ですが、植民政策などを研究していたこともありとても理路整然とした考えを持っていて、作家佐藤優さんの「日米開戦の真実」大川周明「米英東亜侵略史」を読み解く(小学館文庫)で読む事ができます。それで、ぽんぽんなのですが、A級戦犯容疑者として逮捕されましたが「精神障害」で免除となりました。このような秀才が旧約聖書を受領してその実現をその知見にもたれたらダントツにすごい日本の国ができていたかもしれないと思ったりする。
    ******************************************
◆話がずれてきたが、人が今まで生きてきてその上で何を学び、それを普遍的に次の世界にどう生かそうとしてきたかは、キリスト教国では当たり前のようになっていたようにも思われます(すべての国ではないにしても)。日本の国においては、それが例え自国自らのもので無かったとしても人として、国として、今後の国に必要と思われるのであれば採用をし、守るようにしていくべきであろうと思います。ところがこれができない・・・。それで議論する前に感情論が先に出てきてしまうように思います。何故か、やはり人間界以外の所からの言葉の介入というものが歴史的には無論、思想的にもないからだと思われます。旧約、新約の聖書の神という意識がないかぎり、実際に旧約ではこの地上の人間がその言葉によって、生きもし死にもした歴史を持っている訳ですから、そういう基盤があっての「これに聞け」とはならない訳です。この理解は、僕らキリスト者にとっては、非常に重要です。まさに人間をも創造せし全知全能の神がいるかどうかに関わりますから・・・。
◆そういう歴史を踏まえたアメリカの人々の草案が日本国のあたらしい憲法に盛り込まれているのですね。17世紀以来の立憲主義に至るまでの人類の格闘の歴史を踏まえた土台をもとに、日本が敗戦国となった時、東京裁判時点ですでにどのような国にするかの草案はできていたのです。東京裁判になぜ天皇が出廷しないのか、映画の中ではそれの指摘をした者も確かにいました。しかし、事前に天皇の責任回避は証人としての喚問も回避させることはアメリカの事実上の単独占領としてのポリシーとなっていたことです。インドのパール判事のようなアメリカの原爆と戦争そのものを非難し日本を庇護するような見解も述べられた人もいました。特にスターリンなどは、現在も北方領土の課題があるように策士でしたからマッカーサーはアメリカの世界政策に邪魔が入らないうちに基本線を草案によって事前に緊急に引いたと言われます。それは、次の二点
◆ひとつ:天皇が統治権の総攬者(一手に握ってすべて治めること)ではなく国民主権を前提にした象徴にすぎないことという地位とはっきりさせる。ひとつ:天皇の権威を掲げた軍隊がアジアに出て行かない、つまり皇軍の廃止です。つけ加えれば天皇と皇軍を結びつけていた国家神道を政治から分離することでした。
◆イエス・キリストは弟子たちにすべての国へ行って自分のことを宣べ伝えよと言われたのです。この日本の国に福音は届いているのです。僕は日本の国の神学が是非とも必要だと思っているのです ・・・続きます  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界のベストセラーを読む(3... | トップ | 世界のベストセラーを読む(3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。