「こ・と・ば」

社員と家族とお客様に毎日監視されている稚拙なブログ

責任を逃れることはできない

2017-07-11 | ことば

私は人間的に素晴らしいから、能力的に優れているから社長をしていると思ったことは一度もありません。
むしろその逆で誰も採用してくれなかったから、勘違いをしたから創業したのです。

社長の仕事は意思決定とチェックだと師匠に指導して頂いています。
その意思決定を間違うことがあります。
社員が仕事で失敗をしても会社は潰れませんが、社長が間違った決定をして社員幹部が実行すると会社が潰れます。
先日はその決定が間違っていると師匠に教えて頂きました。
失敗の数が自分を強くしてくれる。
厳しい事を言ってくれる人が本当は優しいのです。


 すぐれた決定は、多数の人々の意見から出るのではなくて、すぐれた経営者の頭から生まれるのだ。ワンマン経営は権力の現れではない。責任の現れなのであり、決定の大原則である。
 経営者は、すべての結果について全責任を負わなければならない。何がどうなっていようと、その責任をのがれることはできないのだ。全責任を負う者が決定するのが当然である。
 経営者の行う決定は、危険だけを伴うのではない。すべての人が喜ぶ決定もまた現実にはないのである。当然そこにあるのは、いろいろな反対を押し切るという、苦しい決定であるし、その苦しさは、反対を押し切られた側よりも、経営者のほうがはるかに大きいといえよう。その苦しさに耐えなければならないのが、経営者の宿命なのである。
  一倉 定



経営計画発表会 第2部活躍社員と

「ありがとうございます。感謝します。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動機は不純でも | トップ | 計画年休 北アルプス1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。