気ままに

大船での気ままな生活日誌

品川からぶらり大崎へ

2016-10-19 21:42:12 | Weblog

こんばんわ。今日のぶらり散歩は、はからずも、JR品川駅から御殿山を経てJR大崎駅へというルートになった。旧東海道の品川宿ルートは、何度か歩いているが、このコースは初めて。なかなか、おもしろい散歩道だった。

何故、品川に出向いたかというと、篠山紀信の”快楽の館K”展が開催されている原美術館がここにあるから。それ以外はすべて、いつものように足の向くまま気の向くまま(笑)。

高輪口から品川プリンスホテル前に出て左方向に歩き始める。11時半頃だったので、そろそろお蕎麦でもと、お店を探しながら、歩いていると長い行列のお店をみつける。つばめグリルだ。大船でよく利用しているチェーン店だが、品川が第一号店のはず、めったに来ないし、と、列の最後尾についた。ほとんど、待たずに二階席に案内され、サーモンのムニエルと赤ワインを頼む。いつもより、さらにおいしく感じた(笑)。

お店の人に聞いたら、第一号店は銀座にあったのだが、今はなく、ここ、二号さんの品川店が一番古いのだそうだ。

腹ごしらえをして、道なりに歩く。石垣がつづく。この辺りが御殿山か。浮世絵では御殿山の花見図をよくみるが。

この先に、三菱関東閣の入り口が。門は開いていたが関係者以外は入れないらしい。旧岩崎家高輪別邸だそうだ。

その先の交差点を左に折れると、すぐに、お目当ての原美術館が現れる。元は邸宅だった。

そこでは、篠山紀信の”快楽の館K”展が開催されているのだが、詳細はのちほど。ちょっとだけよ。

見終えて、元には戻らず、JR大崎駅方面へ。途中で出会った博物館やビルたち。初対面のものばかり。

翡翠原石館

新潟県糸魚川小滝産翡翠

御殿山の眠り猫

魅惑的な文字!ミャンマー大使館だった。

ONビル

大崎MNビル


アートビル(笑)

目黒川を渡る

大崎駅前のビル群

駅前ビル内の美術館 O美術館。”光のバラード・宇宙詩展”

金属造形作家として、国際的に活躍する長谷川栄の個展。

品川駅から、御殿山を経て、大崎駅までのはじめての散歩道。クラシックとモダンが入り混じったステキな散歩道だった。

では、おやすみなさい。

いい夢を。




 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラーナハ/500年後の誘惑 | トップ | 東慶寺の竜胆が咲き始めていた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL