気ままに

大船での気ままな生活日誌

ラブミーテンダーさんの提案

2007-05-18 21:48:54 | Weblog
ラブミーテンダーさんは少しも悪くない、悪いのはひねまるこちゃんだった、この事実を知ったボクは、今まで勝手にテンダーさんをどうしようもない遊び人だと誤解していたことを深くおわびしました。テンダーさんは、やさしい目でボクをみつめ、気にしないでください、と言ってから、遠くの空に浮かぶ白い雲に目を向けながら、自分のテーマソング Love me tender のメロデーを少し悲しげに口笛していました。

しばらくして、ボクは、あなたにこんなことをご相談するのは、どうかと思うのですが、あなたは心の広い方だということが分かりましたので、あえてお頼みしたいのですが、と前置きして、ひねまるこちゃんの結婚相手にいい方を紹介してくださいませんかとお願いしたのです。

テンダーさんは数分間ほど、目をつぶり思案したあと、ボクに尋ねました。「ひねまるこちゃんは確か、ご自分と同じ、くねくね性格の蔓性の植物が好きで、左巻の朝顔とかヘクソカズラを可愛がっているんでしたよね、そうすると、やはり蔓バラさんの方がいいでしょうね」

そうですね、蔓バラさんは割と好き嫌いがなく、どんな植物にも巻き付きますし、きっと、ひねまるこちゃんもにもからみついてくれると思います。ひねまるこちゃんも、くねくね植物の”同類”と思って、すぐ気持ちが解け合うでしょう、とボクは答えました。

「今、独身の蔓バラとしては、あそこのゲートにからみついているカクテルさんが一番の人気ものです」と指さしました。うっとりするくらいいい男ですね、ボクの思い出のカクテル”ピンクレディ”の色とそっくりで、ボクも大好きですよ。「私はピンクレディのミーちゃんの方が好きです」とテンダーさんは、とんちんかんな受け答えをしながらも、満足そうに、ピンクレディの振りをまねしながら、「ウォンテッド」を歌っていました。そして、カクテルさんを明日、”指名手配”だと軽口をたたいて上機嫌でした。

これで決まりだ、とボクは大事な情報だけをメモしている黒革の手帖を取り出して、カクテル・・と書き始めて、はっと思ったのです。ボクのボールペンをもつ手は小刻みにふるえ、そしてボクの顔から血の気がひいていくのが自分でもよく分かりました。何てことだ、こんな重要なことを見落すなんて・・ボクは顔を両膝の間埋めました。そして、恐る恐る顔を上げ、上機嫌のテンダーさんにこう話しかけたのでした。

とととと、とげが・・・。テンダーさんも、ボクのその一言でそれまでの笑顔がすーと消え、昔のことを思い出したのか、顔をひどくゆがめました。そうです、ひねまるこちゃんがテンダーさんから離れた最大の理由は、トゲだったのです。身体がふれあうとあちこちにトゲのつきささり、その跡が帯状疱疹のようになって痛みが1週間も続くのが嫌で別れたのです。・・もうバラ界からひねまるこちゃんの相手を捜すのは不可能だ、ボクはもう絶望の淵に立たされたような気持ちになっていました。普段高めの血圧がさらに上がって、確実に上は150以上、下は100以上になっていると感じていました。

そそ、そのときです。テンダーさんの天を突き抜けるような、明るい声が響きわたりました。「いいヒトがいる!」それは、もう本当に、方角が分らなくなり、さまよい歩いていた砂漠の真ん中で、突然目の前に現われたオアシスのような、すばらしい奇跡でした。こんな奇跡があるのだ、ボクはもう嬉しくて、嬉しくて、たとえていえば、松坂投手がヤンキース相手に全員奪三振の完全試合を達成したとか、稀勢の里が本場所で全勝優勝したとか、そんなめったにない嬉しさだったのです。

その奇跡のヒトは、ボクらのすぐ後ろに控えておられました。名前は「鎌倉」君といいます。独身で、姿もすらりとして美しく、今ちょうど、黄色い、さわやかな花を咲かせていました。そして、なによりも、テンダーさんが言うように、本当にトゲが全くないのです。つるつるした枝です。地元鎌倉の育種家の大月さんがつくった品種だそうです。つるつる肌で、香りも気にならない程度(ひねまるこちゃんは甘い香りが嫌いなのです)で、この方ならきっと、彼女も気に入ってくれるでしょう。

ボクは、ひねまるこちゃんが一番きれいなとき、そうです、7,8月の花の咲く頃に鎌倉君と大船の喫茶店”ぶうげん”でお見合いさせようと思います。きっと、ひねまるこちゃんも気に入ってくれ、渡辺真知子さんの「ひとつ曲がり角 ひとつ間違えて 曲り道 くねくね」をくちずさむのを止め、都はるみさんの「曲がりくねった 坂道だけで 越えていきます 夫婦坂」を愛唱するようになると思います。

ボクは、ほっとした気分になり、大空に目を向けました。そこには真っ白な雲がゆっくりと5月の風にのって流れていました。そして、視線をまたバラ園に戻し、鎌倉くんの方をみやりました。鎌倉くんは、たくさんの幼稚園生に囲まれていました(写真)。子供に好かれるヒトに悪いヒトはいない、ボクはますます、ひねまるこちゃんに彼を紹介する自信を深めたのでした。

(つづく)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラブミーテンダーさんの弁明 | トップ | 山あじさい開花 光則寺$長谷寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
いい男研究会 (いい男研究会)
こんにちは。始めまして(^^)私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。私のは、はじめたばかりで、まだまだですが(^^;)私のブログの記事に紹介させて頂きました☆よければ私のブログにもTBよろしくお願いします♪
結婚相手選びに重視する条件は手伝う=家事や育児への積極姿勢、手を取り合う=理解と協力、手をつなぐ=愛情 (結婚二次小説検索・花より男子二次小説ランキング 結婚)
インターネット恋愛・結婚サーチ「マッチ・ドット・コム インターナショナル リミテッド」はこのほど20~39歳の独身男女502人を対象に結婚観調査を実施した。「結婚相手選びに重視する条件」は、男女ともに「性格」「価値観」「愛情」が上位だった。 結果を分析...