気ままに

大船での気ままな生活日誌

浅草三社祭がはじまった

2017-05-20 11:07:07 | Weblog
昨夕、”三社祭のニュースをやっているよ”の家内の声に居間にかけつける。ちょうど大行列の”白鷺の舞”の場面だった。そのあとすぐ、友人から電話があった。ちょうど同じニュースをみていたようで、ぼくが毎年のようにこの祭りに出かけることを知っているので、思い出してくれたようだ。もう、すっかり元気になって、祭見物に出掛けていると思っていたそうだ。実は、まだ自宅療養中で、しばらく遠出はできないという話をしたら、来年があるさ、と慰めてくれた。

三社祭は、初日に本社神輿神霊入れの儀、二日目が大行列、そして、今日、三日目が神輿連合渡御、最終目に本社神輿渡御となる。ぼくは最終日に行くことが多いが、去年、2016年は、今日の神輿連合渡御に行っている、町内神輿、約100基が浅草寺本堂裏に集まり、一基ずつ発進し、浅草神社でお祓いを受けた上で、各町会へ渡御するという豪壮なもので、感動した。

元気であれば、もちろん、今頃は、浅草寺本堂裏広場に集合しているお神輿を眺めているはず。今年は、さびしく、去年の画像をみながら、心だけは浅草へ飛んで行こう(汗)。

2016年三社祭、町内神輿連合渡御 ↓

町内神輿が浅草寺本堂裏広場に集合、最終的には、浅草氏子44ヶ所町内神輿100基となる。

そして、正午から一基ずつ発進。

これで、少しは気が晴れた!

あの日は、大相撲夏場所、7日目だった。大関・稀勢の里は7連勝と好調。その後、白星を重ね、12連勝。13日目に白鵬と全勝対決で敗れ、初優勝を逃した。そして、今年は、横綱・稀勢の里ととして、全勝白鵬を追いかける立場に。大逆転優勝でぼくの気を晴らしてもらいたいものだ(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万全白星 稀勢の里  | トップ | 五つ目の白星 稀勢の里 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL