気ままに

大船での気ままな生活日誌

長崎くんち(4)2016

2016-10-12 09:59:31 | Weblog

2016年10月9日 長崎くんち 

諏訪神社前の5番手は、上町(うわまち)。傘鉾と上町コッコデショ

傘鉾は、白木の八足の上に烏帽子、鈴、諏訪社由緒、後ろに榊と御幣。垂は、正絹本緞子(どんす)五色唐草模様に三社紋を金糸にて刺繍。

本来”コッコデショ”の担当の町は樺島町だが、今年は上町が初披露とのこと。山車の男の子たち声と担ぎ手の男たちの声が響く。

子供たちが降りて、いよいよ、山車を放り上げる豪快な”上町コッコデショ”がはじまる。まずは礼。


法被を脱ぎ捨てて、さあ、山車の廻しだ!

山車の放り投げ!空中に浮かぶ!大歓声!!!

片手で受け止める。

もう一丁!!!

片手受け!


帰ろうとしても、帰さない。モッテコーイ、モッテコーイ、モッテコーイ。いつまでも終わらない(笑)。ようやく、石段を降りて、終わる。

素晴らしい上町コッコデショでした。ぼくが一番、気に入った演舞。通常は七年に一遍しかみられない。ほんとに運が良かった。そして、いよいよ最後の演目。これも運が良い演舞だった。

(つづく)

(長崎・佐賀の旅#4)
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎くんち(3)2016 | トップ | 平塚、馬入のコスモス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL