気ままに

大船での気ままな生活日誌

立待月の三日目 稀勢2敗目 高安は連勝

2017-07-11 21:24:23 | Weblog

名古屋場所の初日が満月だったので、三日つづけてお月見シリーズで(笑)。二日目は十六夜の月、そして三日目は立待月のお月見を兼ねた相撲観戦となりまする。

立待月(たちまちつき)。月の出が日没より1時間40分ほどなので、”いまかいまかと立って待つ”のでこの名がある。今日の月の出は8時半頃。山の端に昇るのはその15分あと。まだまだ見頃の”準満月”。

山の端から出ようとしている、立待月の月の出。


見事な立待月 電線二本に注目(笑)

名古屋場所三日目

稀勢、高安とも連勝して勢いをつけたいところだった。まず、高安が、琴奨菊に攻められるも、突き落としで破り、うれしい白星。よしよし、この調子で結びの一番もと願っていた。が、苦手の栃ノ心にうまくとられ、無念の黒星。稀勢にはやくも暗雲が立ち込めた。中日までもつかどうか。

うーん

よし、いいぞ。高安、連勝。琴奨菊は3連敗。

。。。。。

嘉風3連勝。強豪、玉鷲も破る。

白鵬、KOパンチで正代を倒し3連勝。横綱相撲をとれ、と言いたい。

うれしい初金星、北勝富士

稀勢の復活をいまかいまかと立って待つ”立待月”をもう一度。

では、おやすみなさい。(ふて寝)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むだということ | トップ | 朝の散歩道で出会った花々 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大丈夫なんでしょうか? (雪椿)
2017-07-11 21:44:26
場所前に怪我をした部分をまた痛めたという記事が
ありましたが。
これが本当なら稀勢の里は無理しないで欲しいです。
また休場となると色々と言われるでしょうが、
ちゃんと怪我を治さないと九月場所も同じ事の
繰り返しになりそうで心配ですね
雪椿さま (marbo)
2017-07-12 08:10:28
大丈夫じゃなさそうですね。
でも、すぐに休場というわけにはいかず、
先場所と同じようになるのでは。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL