気ままに

大船での気ままな生活日誌

星野道夫の旅/没後20年特別展

2016-10-25 06:13:25 | Weblog

おはようございます。旅先、奈良からの投稿です。

横浜高島屋で星野道夫の写真展が開催されている。極寒の地、アラスカの大自然を、そしてそこに生きる動物たちを撮りつづけて、傑作を次々と発表した。さらに将来が期待されていたが、なんとヒグマの襲撃に会い、43才の若さでこの世を去った。それから20年が経った。

大きな写真が展示室いっぱいに拡がり、まるで、アラスカに自分が旅しているみたいな気持ち・・・。もし観客がこれほど多くなければね。展覧会の最後のコーナーに彼の自筆の言葉があった。

短い一生に
心ひかれることは
多くは出会わない
もし見つけたら
大切に 大切に

でも、星野道夫は短い生涯にたくさんの、心ひかれることに出会い、それを記録してくれた。はじめに、世界的にも認められたマスターピース(傑作)のコーナーが。カリブー(となかい)の群れ、鮭をとるグリスリー(灰色熊)、ザトウクジラ、オーロラなど。ここで、ガツンと一発くらったような気持ち。素晴らしい!ちらしの表紙がこのコーナーの”ホッキョクグマの親子”。

慶応の学生だった星野は神田の古本屋でアラスカの写真集をみつけ、感動。そこに写っていた村の村長さんに訪問したいと手紙を出す。それが叶い、それ以来、アラスカの自然と動物にのめり込む。そのときの、英文の手紙が展示されていて、自分の若き日を思い出し、ちょっとジーンとくる。

そして、作品はそれぞれのテーマごとに大きな写真、あるいは組写真として展示される。全部で、250点、見応えがありますよ。以下、ちらしの写真から。順に。

生命のつながり

躍動する自然

クジラ、オーロラ、となかいの巨大な群れのほか、いちごの葉にかかる初霜のような小さな美も。

神話の世界

あわただしい人間の日々の営みと並行して
もうひとつの時間が流れていることを
いつも心のどこかで感じていたい

そして、最後が星野道夫の部屋。セルフポートレートも。撮影に使用したペンタックスやニコン。組み立て式ボートも。

では、今日も一日、お元気で!



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薔薇だけではない フラワー... | トップ | 谷川俊太郎展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL