気ままに

大船での気ままな生活日誌

動物美術館/夏の福袋2017 

2017-07-27 08:47:19 | Weblog

おはようございます。

子供たちも夏休みに入りましたね。茅ヶ崎美術館でも子供たちのための展覧会がはじまりました。テーマは、動物美術館/夏の福袋2017。子供だけではなく、大人でも動物好きはいっぱい。ぼくもその一人、早速、見に行ってきました。

第三会場まで合わせて、なんと122もの作品がずらり!可愛い動物がさらに可愛く描かれていてほっこり。でも、全部が動物絵ばかりというわけではなく、当美術館所蔵の、著名な画家の作品のコーナーもある。

先ずは、茅ヶ崎ゆかりの画家たちが中心の動物絵からどうぞ、ご覧ください。

肥沼守 雲をはこぶ犬

丸山友紀 菊唐草の白虎兄弟

山田りえ 庭

MATHRAX そらのしらべ/はと

島谷晃 Mr.S氏のオブジェ

西野久子 シマ馬(ケニア)

白川美紀 春の風は

いかがだったでしょうか、ごく一部ですが、”動物美術館”の雰囲気は感じられたと思います。

そのほか、月岡芳年、小林清親、川瀬巴水、土屋光逸、岸田劉生の木版画や速水御舟の”花の傍(習作)”なども展示されていて、大満足。ここでは、芳年と御舟の作品だけを載せておきます。

月岡芳年 風俗三十二相うるさそう

御舟の”花の傍(習作)”。モデルは茅ヶ崎の現在”氷室椿庭園”になっている邸宅の花子さん。

本画は歌舞伎座に飾られている。


 
それでは、みなさん、今日も一日、動物のように何も心配せず、お元気で!
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミクロの決死圏 | トップ | おんめさま10日振り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL